グンバイトンボ第2の生息場所確認(6月下旬 栃木県)

こんな日なら第二の幸運もあり得るのではないだろうかと期待に胸膨らませて、ウラミスジシジミの開翅を撮影できて盛り上がるhimeooさん、yoda-1さん、banyanさんと私の4人は、希少種グンバイトンボの探索に向かった。
昨年私は栃木県で知り合った仲間に案内されて憧れのグンバイトンボと出会い、その魅力的な姿をカメラに収めることができた。その後、生息環境がある程度分かったことから、諸先輩方の話や色々な資料を調べたことを元に地図と睨めっこして、生息の可能性のある場所をなんとか見つけ出していた。しかし昨シーズン、そのうちの1ヶ所では空振りに終わり、もう1ヶ所は探索に行けず仕舞いだったので、この時期が来るのを楽しみに待っていた。
その場所については何人かの蜻蛉仲間にも話してあった。
先一昨日のことだが、埼玉県内某有名ポイントでミドリシジミ惨敗の後、自宅近くに戻り蜻蛉を探索していると、蜻蛉の研究をされているS先生が来られた。そして色々と話をしているうちに、S先生は先週末かなりの数のグンバイトンボを確認できたと話され、写真も見せてくださった。実はS先生にもグンバイトンボ生息の可能性が高いと睨んだその場所のことを以前に話してあった。S先生はそこに行かれたというのだ。驚いたし、本当に嬉しかった。
更に心強い情報もあった。それは今朝、その場所を探索に行った「蝶と蜻蛉の撮影日記」のdragonbutterさんが、本命と出会えたという電話をbanyanさんにかけてきていたのだ。
今回向かったのはその場所だった。しかし、実際に足を運んだことはなかったので、最後は地元の方に尋ねてやっとその場所に辿り着くことができた。その場所に着いてもグンバイトンボに出会えるまでには苦労があったのだが、私が範囲を広げて探索している間に他の3人が見つけてくれた最初の1頭が見つかってからは、その周辺を探すと次々に本命が姿を現してくれた。himeooさんの勘定では全部で5頭がいたようだ。いずれもオスだった。
f0199866_6164677.jpg
f0199866_616466.jpg
f0199866_6162324.jpg
f0199866_616376.jpg

その探索途中にミヤマカワトンボのメス、カワトンボの交尾も撮影した。
f0199866_61777.jpg
f0199866_617193.jpg

勿論、ミヤマカワトンボのオスもいたし、ヤマサナエと思われるサナエも目撃した。
次は天気のよい日に訪れてメスも確認し、様々な生態も観察できたらと夢が膨らんだ。
[PR]

by maximiechan | 2011-06-28 06:24 | 蜻蛉 dragonflies | Comments(6)

Commented by yoda-1 at 2011-06-28 07:39
当日たまたまいっしょで、このような希少種に会えて、大変よかったです。
ヤブカに刺されても、夢中で撮影し、昨日より腕が少し腫れてしまいましたが、長年の夢が叶いました。
ありがとうございました。
Commented by banyan10 at 2011-06-28 09:19
案内ありがとうございました。
昨年は一カ所目で偶然会ったというわけですね。
おかげさまでようやく撮影できました。
希少なだけでなく魅力的なトンボですね。
Commented by maximiechan at 2011-06-28 21:04
yoda-1さん、早速のコメントありがとうございます。
読みが当たり大変に嬉しかったですが、詰めは皆さんのおかげです。
今後の継続観察が楽しみになりました。
Commented by maximiechan at 2011-06-28 21:08
banyan10さん、昨年のダムでの出会いには驚きました。
当日はdragonbutterさんからの最新の情報収集等お世話になりました。
私は第3、第4のポイント探索の意欲も湧いてきました。
Commented by dragonbutter at 2011-06-29 09:12 x
グンバイトンボの雰囲気がよく出ている素敵な写真ですね。
第3、第4のポイント探索、期待してます。
Commented by maximiechan at 2011-06-30 19:24
dragonbutterさん、コメントありがとうございます。
あの水系を丹念に探せばきっと何箇所かで出会いがあるものと思っています。