オオゴマシジミ開翅とコヒオドシ(8月中旬 長野県)

コヒオドシはオオゴマシジミのポイントで見られることがあり、午後の方がよいと聞いていたので、途中で時間潰しをしてからその場所に赴いた。
入口から入って暫く進んだ所にカメラを構えている方が3人いらっしゃった。知らない方だったので、挨拶だけして通り過ぎたが、恐らくオオゴマシジミを撮っていたのだろうとは想像できた。そして奥の花の多い場所の前で暫く待ったが、コヒオドシは現れなかった。そのうち、先ほどの3人の中の一人が歩いてこられたので話しかけると、コヒオドシなら午前中目の前の花に留まったと、その花を教えてくださった。何ということ! その後、その方と一緒にお仲間の2人がカメラを構えている所に戻ってみると、絶好の位置でオオゴマシジミが翅を開いているのが見えた。
オオゴマシジミは、もう既に擦れた個体ばかりになっていると聞いていたので、今回はきれいな個体の写真などは望めるものではないと思っていた。ところが、今目の前にいるのは縁毛は揃い、傷らしい傷も見当たらない実にきれいな個体だった。しかも、昨年は少しだけしか見せてくれなかった翅表の青を惜しげもなく披露してくれていた。
f0199866_199654.jpg

f0199866_199855.jpg

時々翅を閉じてくれたので、翅裏も撮影できた。
f0199866_199294.jpg

3人から、この個体はずっとこの近辺にいて、採集者が来たときは見つからないように3人で囲んで守っていたという話を伺った。しかも、私が戻ってきたのに併せるように翅を開き出してくれたのだそうだ。あなたは運がいいと言われた。
その3人が帰られた後、その個体は飛び去り、別の少々擦れた個体が入れ替わりに出てきて全開翅を披露してくれた。
f0199866_1994844.jpg

更に別の個体の産卵も観察できた。
f0199866_1910916.jpg

その頃、今年6月に知り合った長野県の方が来られた。やはり、コヒオドシねらいだと仰っていたが・・・。
翌日はゴマシジミの撮影を9時頃に切り上げ、再びこの場所に向かった。現地に着くと、今年よく出会うMさんやIさんなど何人もの方がいらっしゃっていた。私が着いたときは既に宴は終わっていたが、皆さんオオゴマシジミの撮影を十分に堪能されたと話されていた。私の目的を告げると、やはり皆さん口々にそれなら午後でしょうと言われた。
Mさんとは少しの時間、奥の方を探索してコヒョウモン、キバネセセリ、サカハチチョウ夏型などを見たり撮ったりした。
掲載写真はサカハチチョウ夏型。
f0199866_19102496.jpg

その後、皆さんは転戦するということで車の方に戻っていかれたのだが、すぐに皆さんが私を呼ぶ声がした。慌てて駆けていくとコヒオドシが出ているというのだ。皆さんが指差してくれた先を見ると確かにコヒオドシ。しかし、カメラの準備にもたついていたら飛ばれてしまった。でも、遠く高い位置ではあったが、ヒヨドリバナで吸蜜をはじめてくれて、望遠レンズで取り敢えず証拠は押さえられた。掲載に当たって写真は2枚ともかなり大きくトリミングした。
f0199866_1911655.jpg

f0199866_1911740.jpg

その後、この子は近くに飛んできてはくれたが、撮影しにくい場所のヒヨドリバナに腹側を向けて留まった。そして、皆が近づこうと草を掻き分けたりしているうちにどこかに飛び去ってしまった。




この日、この場所では嫌な気分になることがあった。
Mさんと奥に行ったときに、採集者がちょうど網を振って何かを獲ったところを目撃した。気になったので話しかけると、自慢気に見せてくれたのは、新鮮なツマジロウラジャノメだった。
それから、コヒオドシ証拠撮影後、皆さんが移動されて私とその採集者だけになったときのことだった。その方がオオゴマシジミの♂はいましたか、今日は20頭くらい獲ったけど、♂は1頭だけですよ、と話しかけてきた。私は、もう時期的に遅いんじゃないですか、と返した。では何が目的ですか、と訊かれたのでコヒオドシです、と。その後、暫くして、またその方と一緒になると、またまた自慢気に、コヒオドシ獲れましたよ、だって。もしかしたら、さっきの個体が網に入ってしまったのかもしれない。
[PR]

by maximiechan | 2012-08-14 19:14 | 蝶 butterflies | Comments(10)

Commented by konty33 at 2012-08-14 20:05
この時期なのに実に新鮮なオオゴマがいましたね。
ゴマの後に転戦しましたが、綺麗な個体は見つかりませんでした。
コヒオドシも撮影できたのはラッキーでしたね。
狙ってもなかなか撮影出来ない事が多いので羨ましいです。
Commented by himeoo27 at 2012-08-15 08:21
未見&未撮の「オオゴマシジミ」、
証拠写真がやっとの新鮮「コヒオドシ」
↑いずれも垂涎ものです・・・・・・・・・。
来年こそは採取者の目をくぐって撮影してみたいです。
Commented by cactuss at 2012-08-15 18:11
新鮮なオオゴマシジミの開翅を撮影されて、すばらしいですね。
コヒオドシもきれいに撮影されて、本当に成果がありましたね。
昨年、一昨年と午後に吸蜜に来ましたが、今年の個体は午前の方が好きだった様ですね。
Commented by ごま at 2012-08-15 22:11 x
素晴らしいショットですね。
惚れ惚れします。
でも.....どうして20頭も採るんだろう。
Commented by dragonbutter at 2012-08-15 22:44
どの写真もきれいで素晴らしい!
新鮮なコヒオドシが特に羨ましいです。
Commented by maximiechan at 2012-08-17 19:08
konty 様
こちらの記事にもコメントくださり、ありがとうございました。
新鮮ゴマに、証拠ではあるけどコヒオドシが撮れて、本当にラッキーでした。
しかし、あのポイントは採集者に泣かされます。
Commented by maximiechan at 2012-08-17 19:09
himeoo 様
また、上高地に行かれたのですね。お疲れ様でした。
確かにあのポイントは採集者が多いので、撮影は難しいです。
来年是非、課題を克服してください。
Commented by maximiechan at 2012-08-17 19:11
cactuss 様
助言をいただき、ありがとうございました。
コヒオドシの実物は予想以上の美しさでした。
機会があればまたレンズを向けたいです。
また、いろいろと教えてください。
Commented by maximiechan at 2012-08-17 19:12
ごま 様
昨年のオオゴマ撮影が懐かしいですね。
採集者にモラルを求めるのは無理なんでしょうかね。
Commented by maximiechan at 2012-08-17 19:14
dragonbutter 様
コヒオドシは勿論期待していたのですが、本当に出会えるとはあまり思っていませんでした。
多くの目があったための成果だと思います。