ミヤマシジミ(9月上旬 栃木県)

2020年のオリンピック開催地が東京に決まった。これを期に日本に元気と活力が戻ることを期待します。

さて、昨日は天気が心配ではあったが、栃木県の河川敷に向かった。家を出たのが9時近かったので現地に着いたのは11時を回ってしまっていたが、途中ラーメン屋さんでの昼食を挟んで3時まで撮影を楽しんだ。

今回は3ヶ所目で撮影したミヤマシジミについて。
♂♀ともに新鮮個体が多数飛び交っていた。頻繁に開翅もしてくれたし、新鮮個体同士の交尾も3ペア見つけることができた。 時々薄陽が射す程度の空模様だったため、しっとり感のある写真が撮れて嬉しかった。

外来種のオオフタバムグラは多くの蝶の吸蜜源となっている。
写真1▼ ミヤマシジミ♂半開翅吸蜜
f0199866_7173947.jpg

カワラハハコはそれ自体が主役になれる植物だが、蝶の引き立て役としても素敵だ。
写真2▼ ミヤマシジミ♂半開翅
f0199866_7185994.jpg

メドハギで吸蜜している♂がいた。
写真3▼ ミヤマシジミ♂閉翅吸蜜
f0199866_7183331.jpg

ツマグロキチョウの食草であるカワラケツメイに新鮮♂が留まった。
写真4▼ ミヤマシジミ♂静止
f0199866_7195934.jpg

羽化直と思われる♀を見つけた。追っていたら留まった場所で大きく翅を開いた。青い鱗粉が少し出た個体だった。
写真5▼ ミヤマシジミ♀開翅
f0199866_7202890.jpg

上の写真5と同一個体だ。
写真6▼ ミヤマシジミ♀閉翅
f0199866_7204210.jpg

食草であるコマツナギに交尾ペアが留まっていた。
写真7▼ ミヤマシジミ交尾ペア
f0199866_721589.jpg

撮影していた♀が飛んだ。目で追っていたら♂が絡み、この草に留まってあっという間に交尾が成立した。
写真8▼ ミヤマシジミ交尾ペア
f0199866_7212127.jpg

[PR]

by maximiechan | 2013-09-08 07:24 | 蝶 butterflies | Comments(12)

Commented by himeoo27 at 2013-09-08 07:42
オリンピック誘致は最後の最後までヤキモキしましたが、
何とか決まってホッとしました。
それにしても↑のミヤマシジミ♀の表翅綺麗ですね!
Commented by cactuss at 2013-09-08 07:50
雨が降りそうな中で、撮影に行かれるて、成果があって、良かったですね。
群馬ではミヤマシジミは絶滅に瀕していますが、ここはたくさんいますね。何が違うのか不思議です。
Commented by HOUNOKI at 2013-09-08 09:02 x
いろんな花に吸蜜するシーンの数々、見応えがあります。
どの写真も素敵ですが、
魅力的なカワラハハコの花を訪れる姿が好きです。
表翅の青い色も、効果的ですね。
Commented by midori at 2013-09-08 12:56 x
新鮮ミヤマシジミきれいですね。思わずウットリ見つめてしまいます。2枚目最高に美しい。オスのブルーが引き立ってますね。
Commented by maximiechan at 2013-09-08 21:26
himeoo 様
今日は所用があって東京駅まで出かけましたが、五輪開催決定の祝賀ムードは全然感じられませんでした。
少しボロの♀でもっと青鱗粉の載った個体がいました。
これからが楽しみです。
Commented by maximiechan at 2013-09-08 21:29
cactuss 様
天気の様子を見たりしていて出かけるのが遅くなってしまいました。
次の記事で紹介しますが、
シルビアシジミは数は少なかったですが、新鮮個体もいました。
ツマグロキチョウは夏秋混生でした。
あの場所はミヤマシジミ多いですね。本当に何が違うのでしょうか。
Commented by maximiechan at 2013-09-08 21:33
HOUNOKI 様
私もカワラハハコバックでの写真が気に入っています。
この花にはベニシジミもよく留まっていますが、それもとっても綺麗です。
表翅はゼフのような輝きはありませんが、控えめな美しさがありますね。
Commented by maximiechan at 2013-09-08 21:38
midori 様
3番目に訪れたこのポイントではミヤマシジミもツマグロキチョウも数多く見られます。
シルビアシジミは見つかりませんでした。
翅表を美しく撮れたのは当日の天気のお陰かもしれません。
また、青が鮮やかになるのはOM-Dの色再現の特徴かもしれません。
ただし、黄色は色飛びしやすいように感じます。
Commented by 浅間の煙 at 2013-09-09 07:15 x
ミヤマシジミのメスの翅表はバリエーションが多くて、毎回開翅の瞬間まで期待して見つめるのですが、黒化した様なこの個体は素晴らしい、思わずノートの壁紙に貼り付けてしまったですよ。
Commented by maximiechan at 2013-09-10 06:23
浅間の煙 様
この個体は飛び方もよろよろしていて、まだ翅が完全に乾ききっていないような感じでした。
羽化直ならではの艶やかさが写真からも感じられることと思います。
Commented at 2018-01-03 21:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by maximiechan at 2018-01-05 18:52
鍵コメ 様
突如起動しなくなってしまったパソコンに連絡先が入っていたので、貴兄のメールアドレスなどが分かりません。メールをください。