秋色の秩父鉄道

ブルーインパルスの記事はまだ続きますが、鉄道記事を2つ挟みます。

その1は秩父鉄道。

当日は19日(日)に開催される上尾シティマラソンの試走があったため、その日の撮影行は、それが終わってからの上尾運動公園10時少し過ぎの出発だった。10時10分に熊谷を出発するPALEO EXPRESSの往路の撮影は諦めていたが、紅葉シーズンで秩父方面に向かう車もそれなりに多かったのものの、奇跡的に武州日野駅近くで追いついてその撮影が叶った。その場所には先客が2名いたので、以前その場所で撮影したような線路際でのポジション取りができなかったが、逆に前景に芒やクヌギの葉が入って秋らしさを強調できた写真が撮れた。その後はすぐに復路の急登ポイントに向かった。そこに先客がいなかったのは初めてのこと。跨線橋上の、自分では一番良いと思える場所に三脚を構えて通過する列車を撮影した。一番の目的のPALEO EXPRESSが通過する頃には光の具合が少々厳しかった。また、嬉しいはずの盛大な白煙が折角の紅葉を隠してしまった。そのすぐ横には秩父太平洋セメントの貨物の三輪鉱業所への引き込み線があるが、今回、初めて貨物が通るのを撮影できた。跨線橋からのPALEO EXPRESS撮影後、すぐにその場を離れて横瀬川鉄橋を目指した。PALEO EXPRESSは、到着してカメラを構えるとすぐにやってきた。

PAREO EXPRESS往路
f0199866_06295302.jpg


跨線橋から
f0199866_06312887.jpg

f0199866_06314149.jpg

f0199866_06314972.jpg

f0199866_06315933.jpg


横瀬川鉄橋
f0199866_06332466.jpg







[PR]

by maximiechan | 2017-11-14 06:36 | 鉄道 railways | Comments(0)