2018年 01月 11日 ( 1 )

JTA新型ジンベエジェット初撮影 他

JTAの新型ジンベエがデビューして約2ヶ月経った12月下旬、やっと陽射しのある時間帯に羽田に飛んできたところを撮影できた。

3機あるジンベエジェット(さくらを含む)の運用を暫くチェックしていたら、石垣を出発して22時に羽田に着くNU076便で使用されると、翌日は6時30分発のNU071便で石垣に戻り、NU070便で再び13時30分に羽田に飛んできて、またNU073便として14時15分に石垣に向けて飛び立つという一定のパターンがあることが分かった。

撮影が叶った前の晩は、新型ジンベエジェットがNU076便で羽田にやってきたことが確認できた。期待が膨らみ、当日は朝からリアルタイム追跡サイトで新型ジンベエジェット(機体記号JA05RK)の動きをチェックしていた。そして、11時頃NU070便で羽田に向けて飛行していることが確認できたため、昼食後 A滑走路着陸への進入シーンが撮影できるポイントに向かった。

ポイントに着いてすぐJAL機を撮影してから、次に飛んでくる飛行機を遠目で確認するとエンジンが4つあった。最初は何か分からなかったが、近づいてくるとルフトハンザのB747-8であることが分かりドキドキしてしまった。このポイントでは初めてのことだった。

f0199866_20103882.jpg

f0199866_20104521.jpg

その後暫くして、着陸態勢に入っていた飛行機が2機続けて再び上昇して頭上を飛び去っていった。

f0199866_20111183.jpg

f0199866_20111998.jpg

f0199866_20112411.jpg

f0199866_20113145.jpg


そしてかなり長い時間A滑走路に進入してくる飛行機がなかった。C滑走路に着陸してくる飛行機はあったし、D滑走路からはどんどん離陸していたので、運用が変わったのではなかった。以前の犬が逃げ出したときのような、滑走路上で何かトラブルがあったのだろうか。新型ジンベエジェットが到着する時間が迫っていたので、少々焦ってしまった。

再びA滑走路に向けて飛行機が進入してきた時にはホッとしたが、雲の動きが怪しくなってきた。そして、本番は進入経路上の陽射しがやや遮られてしまった。

f0199866_20124939.jpg

f0199866_20125777.jpg


その撮影後は、すぐに第1ターミナルビル展望デッキに向かった。狙いは新型ジンベエジェットがエプロンから離れてタキシングしていくところを撮影することだったが、手前に邪魔が入ってしまった。そこからはA滑走路への着陸シーンも撮影できた。また、D滑走路から飛び立った新型ジンベエジェットを小さく写すこともできた。

f0199866_20154283.jpg

f0199866_20155008.jpg

f0199866_20155823.jpg

f0199866_20160881.jpg

f0199866_20161683.jpg


最後は第2ターミナルビル展望デッキに移動してルフトハンザのB747-8の離陸を狙った。

f0199866_20175748.jpg

f0199866_20180415.jpg







[PR]

by maximiechan | 2018-01-11 20:18 | 飛行機 airplanes | Comments(0)