カテゴリ:未分類( 25 )

稲妻

本日は蝶友さんと、蝶友さん未見の蝶探索の旅に出た。ところが、現地は思いの外季節の進みが遅く、吸蜜源の花は殆ど咲いてなくて、目的の蝶も姿を現さなかった。そんな訳で、本日は蝶の撮影に行ったのに蝶の写真は無し。

夕食後、ゴロゴロと雷鳴が聞こえてきた。窓越しに外を見ると稲妻が凄かった。ベランダに出てその稲妻を撮ってみた。

f0199866_19550726.jpg

[PR]

by maximiechan | 2017-04-29 19:57 | Comments(4)

新年の挨拶

f0199866_08211278.jpg


本年もよろしくお願いします。




[PR]

by maximiechan | 2017-01-01 00:00 | Comments(6)

足利フラワーパークのイルミネーション その2

足利フラワーパークのイルミネーションの続き。

幾重にも垂れ下がる藤の花を模したイルミネーションは背景の選び方やピントの位置によって幻想的な絵が撮れた。
f0199866_21371060.jpg

f0199866_21371884.jpg

f0199866_21372758.jpg

f0199866_21373578.jpg

光の睡蓮も美しかった。
f0199866_21385235.jpg

f0199866_21390193.jpg

f0199866_21391672.jpg

散策路沿いに咲く光の花を奥行きを意識して撮影した。
f0199866_21404926.jpg

f0199866_21405964.jpg

本物の花とのコラボ
f0199866_21432948.jpg

イルミネーションの風景
f0199866_21443451.jpg

f0199866_21444474.jpg

f0199866_21445120.jpg

f0199866_21451314.jpg

f0199866_21452287.jpg


7時半頃帰路についたが、これから駐車場に入ろうという車が列を成していて周辺の道路は大渋滞していた。帰り車も流れが悪かった。






[PR]

by maximiechan | 2016-12-15 21:56 | Comments(2)

足利フラワーパークのイルミネーション その1

足利フラワーパークのイルミネーションをビデオ撮影したいという母のリクエストがあり、先日、父母を連れて足利に出かけた。

母は80を越えているが、撮影したビデオをパソコンを使ってBGMやアナウンスも入れた作品として仕上げ、所属しているクラブの発表会に出品するなどして楽しんでいる。

辺りが暗くなるまでは、自分ももう1台のビデオで撮影の手伝いをしていたが、暗くなると思いの外イルミネーションが綺麗で、カメラ撮影に夢中になってしまった。

f0199866_22090311.jpg

f0199866_22091624.jpg

f0199866_22092326.jpg

f0199866_22093111.jpg

f0199866_22093985.jpg

f0199866_22094749.jpg

f0199866_22095436.jpg

f0199866_22100231.jpg

f0199866_22101078.jpg

f0199866_22104269.jpg

f0199866_22101846.jpg

f0199866_22105972.jpg

f0199866_22110648.jpg

f0199866_22111483.jpg

f0199866_22131410.jpg


その2に続く。

[PR]

by maximiechan | 2016-12-14 22:15 | Comments(0)

放射霧と上尾シティマラソン

今朝久々に放射霧を観察した。

部屋から見えた空の色が赤味を帯びていたので、ベランダに出てみるとうっすらと霧がかかっている空に太陽が黄色く光っていた。すぐにカメラで撮影した。
f0199866_21540991.jpg

暫くするとさいたま新都心の方の霧が段々と濃くなっているようだったので再びベランダに出てみた。
f0199866_21552913.jpg

f0199866_21562042.jpg

f0199866_21565784.jpg

もっと様子を見ていたかったが、今日は勤務校の生徒たちが上尾シティマラソンに出場することになっていたので、慌てて食事をして上尾運動公園に向かった。細君の話では、その後、もっともっと霧が濃くなり、一時はほとんど何も見えないほどになったそうだ。道理で上尾に向かう途中、埼京線と川越線の一部は濃霧のため運休というアナウンスが流れていた。


上尾シティマラソンは日本陸上連盟公認の大会で、最初にスタートするハーフマラソンの部門は、箱根駅伝参加の大学生にとってはメンバー選考会的な意味合いもあり、毎年、熾烈なレースが繰り広げられる。勿論、一般市民ランナーも多く参加していて、それぞれ走りを楽しんでいる。

先導する白バイ
f0199866_22264816.jpg
走りものにはついレンズを向けてしまう。

運動公園から一般道のコースに出てきた先頭集団
f0199866_22274011.jpg

上尾駅前を走る一般ランナーたち
f0199866_22300792.jpg

生徒たちがエントリーしたのは男子は5km、女子は3kmの部門。私は男子生徒2名の伴走を担当した。1人の生徒をコースを折り返して600mほどの上尾駅少し手前まで伴走して、その生徒は別の先生に託し、そこでもう1人の生徒が走ってくるのを待ってスタート&ゴール地点の運動公園まで伴走した。

余裕の走りで伴走する(?)
f0199866_22314142.jpg

[PR]

by maximiechan | 2016-11-20 22:40 | Comments(0)

新年の挨拶

f0199866_21544326.jpg


申年ということでニホンザルです。
f0199866_2155493.jpg

f0199866_21555678.jpg

f0199866_2156981.jpg

このサルは、昨年クモマツマキチョウを初撮影した時、すぐ近くまで餌を探しにきていました。

本年もよろしくお願いいたします。
[PR]

by maximiechan | 2016-01-01 00:00 | Comments(28)

小島屋の松うな重

さいたま市南区太田窪にある小島屋をご存じだろうか?
小島屋は、川魚料理のお店で、うなぎの蒲焼きの名店として有名だ。
実は浦和はうなぎの蒲焼きの発祥の地と言われていて、今でも浦和区や南区にうなぎ屋さんが多い。その中でも、浦和区にあり江戸時代から続く唯一のうなぎ屋である山崎屋、南区の小島屋は特に有名だ。

なぜ、浦和でうなぎ?
さいたま市の伝統産業を紹介するwebサイトに次のような記述があった。
『浦和周辺は川や沼地が多く、うなぎの生息に非常に適していました。江戸時代、たくさん獲れるうなぎを中山道を行き交う人々に出して評判になったのが浦和のうなぎの始まりといわれています。
生産地としての漁場が無数にあり、宿場町という消費地と直結していたことが、広く世に広まる上で大きな要因となりました。
県立文書館収蔵「会田真言文書」(江戸後期の古文書)には浦和から江戸赤坂の紀州藩邸にうなぎを献上していたことが記されているほか、「浦和宿絵図」(弘化年間・1844~48年)に「蒲焼商」の名が記載され、江戸時代以来、うなぎの蒲焼きが浦和の名物として市民や来訪者に親しまれています。
市内では現在でも浦和区を中心として、江戸時代以来の「裂き」「串打ち」「焼き」「たれ」などの手しごとの伝統的技術を継承する老舗が集積して活動しています。』※一部改

昨日は細君とその小島屋で、うな重を食べた。
到着したのが11時半頃だったということもあって店の前には大勢の人が並んでいたが、思っていたよりは早く席に案内された。
頼んだのは「松うな重」と卵焼き。
f0199866_19505151.jpg

f0199866_195135.jpg

f0199866_19511567.jpg

f0199866_1951221.jpg

※iPhoneによる撮影。蒲焼きを焼いているところは店の方の許可を得て撮影した。

ところで、待っていたときに、家族で来ていた小学校3~4年生くらいの男の子が、母親から○○君は「竹でいいね?」と言われ、「えっ、やだぁ、僕パンダじゃないよ!」と返したのには笑ってしまった。

因みに浦和区の山崎屋、岩槻区の小島屋、見沼区の笹屋でもうなぎの蒲焼きを食べたことがある。今回の南区の小島屋をはじめ、どの店もお薦めだが、中でも、岩槻区の小島屋と見沼区の笹屋では、うなぎそのものにこだわり、幻の鰻と言われる大井川共水うなぎを使用していて値は張ってしまうが、その味や食感は最高だった。

本日、我が家で育てているサボテンの一つが花を咲かせた。身体の大きさに比べてとても大きな花だ。もうすぐ咲きそうな蕾が一つあり、その他にも四つ花を咲かせそうだ。
f0199866_19544640.jpg

[PR]

by maximiechan | 2015-08-14 19:56 | Comments(0)

6月9日の夕焼け

6月9日夕焼けが見事だった。
f0199866_19444415.jpg

f0199866_1944527.jpg

[PR]

by maximiechan | 2015-06-12 19:45 | Comments(0)

石垣焼 金子晴彦氏の個展開催中

陶芸家、金子晴彦氏の個展が銀座のギャラリーGKで開催されている。

2010年8月に掲載した「八重山あれこれ」というブログ記事で石垣焼のことに触れたことが金子氏と知り合うきっかけとなった。その後、石垣島を訪れた際にお会いし、話をすることもできた。今回の個展開催に当たっては案内の葉書をいただいたので、本日午後、銀座の個展会場に出かけた。

個展会場には奥様もお見えになっていて、八重山のホタルやサガリバナのことなども楽しくお話しすることができた。

作品
f0199866_2235750.jpg

f0199866_2243141.jpg

f0199866_2251854.jpg

f0199866_2261982.jpg

f0199866_227044.jpg

f0199866_22113167.jpg

f0199866_22114658.jpg

f0199866_22121222.jpg

f0199866_22132510.jpg


本日我が家の夕食で
f0199866_22135593.jpg


石垣焼窯元のホームページ・・・http://www.ishigaki-yaki.com/
[PR]

by maximiechan | 2015-06-10 22:20 | Comments(0)

元旦に咲いた花

我が家で大切に育てているサボテンが嬉しいことに元旦に花を咲かせた。
f0199866_1241201.jpg


昨年末にも3つ花を咲かせていて、ぽっかりと穴が空いているのはその花が咲いていた跡。
f0199866_12413774.jpg


昨日午後になって蕾が棘を掻き分けて出てきた。
f0199866_12415028.jpg


枝振りが見事。飾りをつけてお正月らしい雰囲気にしてみた。
f0199866_1242481.jpg


天辺の棘がふさふさしていて可愛い子。
f0199866_12421359.jpg


我が家では一番のセレブさん。
f0199866_12422378.jpg

[PR]

by maximiechan | 2015-01-01 12:46 | Comments(2)