カテゴリ:蝶 butterflies( 632 )

彼岸花とナガサキアゲハ 他

秩父鉄道のSL撮影後、GW頃に黒系アゲハを撮影している方面に移動して、彼岸花にやってくる黒系アゲハを狙った。

彼岸花の多い場所を特には知らなかったので、車を走らせながら、彼岸花のまとまって咲く場所を探していたら、なんとなく好い雰囲気の場所を見つけた。そこで暫く蝶を待ったが、飛んでくる蝶はいても吸蜜してくれる蝶はいなかった。その先に見えるお寺の方はどうかなとそちらに歩いていくと、お寺の周りには沢山の彼岸花が咲いていて、黒系アゲハが吸蜜しているのも見えた。

撮影できたのはナガサキアゲハ、アゲハチョウ、クロアゲハ。見かけたのはカラスアゲハと超美しかったモンキアゲハ。

とあるお寺の周りで撮影したアゲハの仲間
f0199866_20225022.jpg

f0199866_20225922.jpg

f0199866_20230876.jpg

f0199866_20231667.jpg

f0199866_20232458.jpg

f0199866_20234924.jpg

f0199866_20235949.jpg

f0199866_20240693.jpg

f0199866_20241533.jpg

f0199866_20242344.jpg

f0199866_20243193.jpg

f0199866_20245953.jpg

f0199866_20250783.jpg

f0199866_20251781.jpg








[PR]

by maximiechan | 2017-09-19 20:27 | 蝶 butterflies | Comments(2)

盛夏〜初秋の高原で

この夏、あまり出かける機会は多くなかったが、それでも何回かは長野県、群馬県、栃木県の高原に出かけていた。その際に撮影した蝶たち。

ヒカゲチョウ
f0199866_20001687.jpg


ウラギンスジヒョウモン
f0199866_20004403.jpg

f0199866_20005589.jpg


メスグロヒョウモン
f0199866_20021868.jpg

f0199866_20022934.jpg


ミドリヒョウモン
f0199866_20034197.jpg

f0199866_20035484.jpg


ギンボシヒョウモン
f0199866_20060393.jpg


クモガタヒョウモン
f0199866_20063457.jpg


ウラナミシジミ
f0199866_20071488.jpg

f0199866_20072133.jpg


キベリタテハ
f0199866_20074931.jpg


オオウラギンスジヒョウモン
f0199866_20103067.jpg


モンシロチョウ
f0199866_20104416.jpg
キベリタテハはスジボソヤマキチョウを蝶友さんと撮影した翌週、再びその周辺を探索した際に別荘地の外れにある八ヶ岳の登山口付近で見つけた。






[PR]

by maximiechan | 2017-09-15 20:17 | 蝶 butterflies | Comments(0)

スジボソヤマキチョウ

クジャクチョウなどを撮影した後、蝶友さんが別の場所に連れていってくださった。そこは、30代の頃、高山植物の撮影目的で八ヶ岳の横岳に何回も登っていたが、その登山口の近くだった。確かにその頃も下山途中に色々な蝶がいたのを覚えている。秋口にはクジャクチョウがアザミやマツムシソウに群れているのやアサギマダラをビデオで撮影したこともあった。

本命はヤマキチョウだったが、残念ながらその出会いはなかった。しかし、久しぶりに沢山のスジボソヤマキチョウに囲まれてワクワクドキドキを味わえた。

スジボソヤマキチョウ
f0199866_06474790.jpg

f0199866_06475518.jpg

f0199866_06480354.jpg

f0199866_06481217.jpg

f0199866_06482042.jpg

f0199866_06482863.jpg

f0199866_06483541.jpg

f0199866_06484151.jpg

f0199866_06485001.jpg

f0199866_06485805.jpg

f0199866_06490607.jpg

f0199866_06491323.jpg

f0199866_06492061.jpg

f0199866_06492837.jpg

f0199866_06493641.jpg










[PR]

by maximiechan | 2017-09-09 06:51 | 蝶 butterflies | Comments(0)

メスグロヒョウモン

前の記事で道路沿いに咲く花にヒョウモン類が集まっていたと書いたが、クジャクチョウが現れるまで夢中になって撮影していたのはメスグロヒョウモンの雌だった。

メスグロヒョウモンの雌は何匹か訪花していたが、一番奥にいたのは擦れが少なくてそこそこ綺麗な個体だった。草の生い茂った斜面を降りるのは危なかったので、道路の端から100-400mmズームレンズで引き寄せての撮影だった。雌はあまり飛び回らないので近寄ってくることはあまり期待できなかったが、クジャクチョウが飛んできて暫くした頃、嬉しいことにやや近くの花に移動してきた。

クジャクチョウ雌
f0199866_19570117.jpg

f0199866_19571471.jpg

f0199866_19572854.jpg

f0199866_19573858.jpg

f0199866_19574607.jpg

f0199866_19575412.jpg

f0199866_19580212.jpg







[PR]

by maximiechan | 2017-09-05 19:59 | 蝶 butterflies | Comments(4)

クジャクチョウ

道路沿いに咲く花にヒョウモン類が集まっていたので車を停めて撮影していたら、蝶友さんが通りかかって声をかけられた。一緒に撮影しだして暫くするとクジャクチョウが飛んできた。自分にとっては久々の出会いだった。更に暫くすると別の個体もいることに気づいた。

クジャクチョウ(最初に飛んできた個体)
f0199866_21553692.jpg

f0199866_21554577.jpg

f0199866_21560114.jpg

f0199866_21564318.jpg

f0199866_21565471.jpg

クジャクチョウ(途中で気づいた別の個体)
f0199866_21580039.jpg

f0199866_21581704.jpg










[PR]

by maximiechan | 2017-09-04 22:05 | 蝶 butterflies | Comments(2)

シルビアシジミ その2マクロ編

前回の記事の続きで、後半のマクロレンズで撮影した写真から。因みにカメラは、望遠ズーム編がOM-D E-M1Ⅱ、マクロ編がDMC-GX8。

マクロレンズの場合は望遠ズームレンズと比べて被写体により近づいての撮影となる。より慎重により素早く、しかも態勢を低くしなくてはならず大変だ。更に老眼が進んでせっかくの便利なモニターも見辛いこと。

今回も時系列での掲載。1枚目と8〜11枚目は雌、2〜7枚目は雄。

シルビアシジミ
f0199866_06165673.jpg

f0199866_06170362.jpg

f0199866_06171260.jpg

f0199866_06172179.jpg

f0199866_06173296.jpg

f0199866_06174069.jpg

f0199866_06174987.jpg

f0199866_06180380.jpg

f0199866_06181933.jpg

f0199866_06183731.jpg

f0199866_06184502.jpg








[PR]

by maximiechan | 2017-08-14 06:26 | 蝶 butterflies | Comments(4)

シルビアシジミ その1望遠ズーム編

ミヤマシジミを撮影してからシルビアシジミのポイントに移動した。

この蝶を初めて撮影してからどれだけレンズを向けてきたことだろう。小さくて地味な蝶だが、何か惹きつけるものがある。今回も夢中になってしまい、曇りでそれほど気温も高くない日だったが、衣服は汗でびっしょりになってしまった。

数は多かった。そして新鮮個体も多かった。できるだけ鮮度のいい個体を選んで撮影した。食草であるミヤコグサでの吸蜜をたくさん撮影できた。雌雄ともに開翅も披露してくれた。雌雄の絡みもあったが、交尾ペアは見つからなかった。

ポイントに到着して暫くは40-150mmズームレンズで撮影していた。そして、途中から60mmマクロレンズに替えた。今回は40-150mmズームレンズで撮影した前半戦の写真を時系列で掲載する。1、2枚目は雄で3〜8枚目は雌。

シルビアシジミ
f0199866_22174882.jpg

f0199866_22180157.jpg

f0199866_22181981.jpg

f0199866_22183159.jpg

f0199866_22184207.jpg

f0199866_22185054.jpg

f0199866_22185971.jpg

f0199866_22190942.jpg








[PR]

by maximiechan | 2017-08-13 22:29 | 蝶 butterflies | Comments(0)

ミヤマシジミ

河川敷でミヤマシジミを撮影した。

そのポイントは食草であるコマツナギはまだ沢山あるものの、背の高い草や葛が生い茂ってきたためかミヤマシジミは激減してしまった。今回はかなり探し回ったが、ボロ雌1匹と雄を数匹見つけられただけだった。雄はちょうど発生の時期と重なったのか、どれも新鮮個体だった。アカツメグサでの吸蜜は堤防の斜面での撮影。

ミヤマシジミ雄
f0199866_05383134.jpg

f0199866_05384324.jpg

f0199866_05385033.jpg

f0199866_05385686.jpg

f0199866_05390302.jpg

f0199866_05390900.jpg







[PR]

by maximiechan | 2017-08-13 05:40 | 蝶 butterflies | Comments(0)

曇り空の高原で

高原で蝶の撮影をした。

麓は晴れていたのに現地は曇り空だった。そのうち雨も落ちてきたので早々に引き上げた。

目的はキマダラモドキだったが、時期的に少々遅かったようだ。短時間ながらアサギマダラ、スジボソヤマキチョウ、サカハチチョウなども撮れた。

キマダラモドキ
f0199866_23152118.jpg

f0199866_23153054.jpg

f0199866_23154300.jpg

f0199866_23155328.jpg


アサギマダラ
f0199866_23161216.jpg

f0199866_23162384.jpg


スジボソヤマキチョウ
f0199866_23165896.jpg


サカハチチョウ
f0199866_23172768.jpg

f0199866_23173616.jpg

f0199866_23174308.jpg


モンキチョウ
f0199866_23180265.jpg


アカセセリ
f0199866_23182252.jpg

f0199866_23182998.jpg


メスグロヒョウモン
f0199866_23204688.jpg






[PR]

by maximiechan | 2017-08-04 23:23 | 蝶 butterflies | Comments(0)

高原のセセリ3種

引退の噂のある列車や新顔の列車の撮影などの撮り鉄も忙しいし、天気や蝶の発生状況が読みにくいことなどもあって、今期は蝶の撮影に行く頻度が少なくなってしまっている。

先日、天気はどうにかなりそうな感じがしたので、高原に出かけた。ところが、途中の道から見たその山は完全に雲の中だった。山道に入ると雨まで落ちてきた。

幸い目的地は雨は殆ど降っていなかった。しかし、散策路を歩き出すとすぐに靴やズボンの裾はびしょびしょになってしまった。それでも、クロヒカゲやジャノメチョウなどが飛び出し、時折、ヒョウモンチョウの仲間の姿も見られた。

目的はホシチャバネセセリだった。散策路沿いの草を一脚で叩いたりしながら歩いていると、芒のような葉に小型のセセリが留まっているのが見えた。そっと近づいて覗き込むと本命さんだった。しかし、証拠撮影が叶っただけで、飛ばれて見失ってしまった。その辺りの草原を丹念に探すと何匹かのホシチャバネセセリが見つかったが、最初の1匹が一番鮮度がよかったので残念に思うと同時に、もっと鮮度のいい個体を探そうという意欲が高まった。そして、かつて出会えた別のエリアを必死で探した。結果として、雌は新鮮個体も混じっていて最後には超新鮮個体も見つかったが、雄は少し遅かったようだ。それにしても小さいし動きが素早いので、飛ばれると殆ど諦めるしかない、見つけるのが難しい蝶だ。

アカセセリはホシチャバネセセリに比べると、数も多いので見つけること自体は難しくなかった。鮮度的にはほぼ適期だった。吸蜜個体も多かったが、神経質でなかなか思うような絵は得られなかった。

出会いを期待していたヘリグロチャバネセセリも見つけることができた。留まるとすぐに翅を開いてしまうので、翅裏を撮るのが大変だった。

ホシチャバネセセリ
f0199866_21061357.jpg
この後、飛ばれて見失ってしまった。

f0199866_21070595.jpg

f0199866_21070102.jpg

f0199866_21073777.jpg

f0199866_21075468.jpg
やっと見つけた鮮度のいい雄だったが、これもすぐに見失ってしまった。

f0199866_21101136.jpg
これが最後に見つけた雌の超新鮮個体。


アカセセリ
f0199866_21114332.jpg

f0199866_21115819.jpg

f0199866_21120507.jpg
以上が雄個体。

f0199866_21122239.jpg

f0199866_21123866.jpg

f0199866_21124556.jpg

f0199866_21125824.jpg


ヘリグロチャバネセセリ
f0199866_21134673.jpg

f0199866_21135603.jpg









[PR]

by maximiechan | 2017-07-29 21:16 | 蝶 butterflies | Comments(2)