E655系 和

中央線で189系などを撮影している時に、予期していなかったE655系がやってきたことは先日の記事に書いた。その時は7月29日と8月5日にある近畿日本ツーリストの『ハイグレード車両 E655系「和」で行く 信州・松本を訪ねる日帰り旅』の試運転なのかなと思ったが、実際にはクラブツーリズムの『団体ツアーE655系「和」で行く上高地日帰りツアー』の往路だった。

7月29日と8月5日に運転される近畿日本ツーリスト開催の方は、かなり前からその情報を得ていたので、「和」を初撮影できることを楽しみにしていた。と言っても現実には2週間前に証拠撮影しているので「初」ではなくなったが。また、当日は同時に189系の3編成もと思っていたが、「和」と189系M51編成が使用されるであろう「かいじ186号」はバッティングしているので、今回は「和」を優先させて「かいじ186号」の方は涙を吞むことにした。

E655系 和
f0199866_17261614.jpg
少年たちは「ゴキブリ」と呼んでいた。たしかにそんな風に見えてくる。



その他に撮影した列車たち。

189系M52編成 あずさ71号
f0199866_17272754.jpg
大宮駅で油断していたため埼京線に乗り遅れ、予定していたT駅での撮影に間に合わなくなった。しかし、乗り換えのN駅でぎりぎりセーフ、撮影が叶った。この撮影後T駅に急行したのは言うまでもない。


T駅にはカメラマンが沢山来ていて好いポジションが取れないことも覚悟していたが、少年が一人いるだけだった。その後やってきたのも殆どが少年で、大人は数名しか来なかった。その少年たちからは色々な鉄道情報を教えてもらった。私が提供できたのは、強く締め付けて緩まなくなってしまった三脚のネジをギュイっと開けてあげたことくらい。

E531系 スーパーあずさ
f0199866_17482536.jpg


189系M50編成 ホリデー快速富士山1号
f0199866_17504289.jpg


215系 ホリデー快速ビューやまなし号
f0199866_17535968.jpg

 更に四季島まで撮影したが、その写真は納得の行かない点があるので今回は掲載しないことにした。







[PR]

by maximiechan | 2017-07-31 18:04 | 鉄道 railways | Comments(4)

7月28日出発カシオペア紀行

高原での蝶の撮影を終えて車に戻った午後2時半頃、なんとなく気になってカシオペアに関するツイートを見たら、その日に盛岡行きが設定されていて、しかもその牽引機がEF8181と知り、帰宅途中に寄り道をすることにした。ナビの現地到着予想時刻はカシオペア通過の20分ほど前。しかし、途中車の流れが悪いところもあって、その予想時刻はどんどん通過時間に迫っていた。人気のあるEF8181が牽引するので平日とはいえ、撮り鉄さんもたくさんいることが予想できた。また、天気も途中は日差しもあったが雲がどんどん広がっていて、通過時の現地はどうなるか微妙だった。車を運転しながら色々悩んだが、敢えて昨年10月に下見をしておいた跨線橋の逆光側から見下ろす位置取りをすることに決めた。幸い、ルート上の殆どは順調で、現地到着はカシオペア通過15分ほど前だった。跨線橋の順光側はカメラマンが溢れていたが、自分の選んだ逆光側は誰もいなかった。太陽は雲に隠れていたので、自分的には「よしっ!」だった。宇都宮線での練習で構図、ピント位置やシャッタースピードを決めた。薄曇だったので仕方ないが、シャッタースピードを上げる分ISO感度を犠牲にした。

EF8181牽引カシオペア紀行(盛岡行き)
f0199866_08042031.jpg

結局、カシオペア通過時も太陽は薄い雲に隠れていたので、逆光側のポジション取りは正解だった。しかもこの直後に宇都宮線の上りが通過。そして撤収を始めた頃になると太陽が顔を出した。なんとラッキーだったことか。

ところで、俄か撮り鉄の自分にはよく分からないが、この日のEF8181は7月上旬に全般検査を受けてから初の運用だったらしい。そんな意味でも価値のある一枚になった。







[PR]

by maximiechan | 2017-07-30 08:28 | 鉄道 railways | Comments(0)

高原のセセリ3種

引退の噂のある列車や新顔の列車の撮影などの撮り鉄も忙しいし、天気や蝶の発生状況が読みにくいことなどもあって、今期は蝶の撮影に行く頻度が少なくなってしまっている。

先日、天気はどうにかなりそうな感じがしたので、高原に出かけた。ところが、途中の道から見たその山は完全に雲の中だった。山道に入ると雨まで落ちてきた。

幸い目的地は雨は殆ど降っていなかった。しかし、散策路を歩き出すとすぐに靴やズボンの裾はびしょびしょになってしまった。それでも、クロヒカゲやジャノメチョウなどが飛び出し、時折、ヒョウモンチョウの仲間の姿も見られた。

目的はホシチャバネセセリだった。散策路沿いの草を一脚で叩いたりしながら歩いていると、芒のような葉に小型のセセリが留まっているのが見えた。そっと近づいて覗き込むと本命さんだった。しかし、証拠撮影が叶っただけで、飛ばれて見失ってしまった。その辺りの草原を丹念に探すと何匹かのホシチャバネセセリが見つかったが、最初の1匹が一番鮮度がよかったので残念に思うと同時に、もっと鮮度のいい個体を探そうという意欲が高まった。そして、かつて出会えた別のエリアを必死で探した。結果として、雌は新鮮個体も混じっていて最後には超新鮮個体も見つかったが、雄は少し遅かったようだ。それにしても小さいし動きが素早いので、飛ばれると殆ど諦めるしかない、見つけるのが難しい蝶だ。

アカセセリはホシチャバネセセリに比べると、数も多いので見つけること自体は難しくなかった。鮮度的にはほぼ適期だった。吸蜜個体も多かったが、神経質でなかなか思うような絵は得られなかった。

出会いを期待していたヘリグロチャバネセセリも見つけることができた。留まるとすぐに翅を開いてしまうので、翅裏を撮るのが大変だった。

ホシチャバネセセリ
f0199866_21061357.jpg
この後、飛ばれて見失ってしまった。

f0199866_21070595.jpg

f0199866_21070102.jpg

f0199866_21073777.jpg

f0199866_21075468.jpg
やっと見つけた鮮度のいい雄だったが、これもすぐに見失ってしまった。

f0199866_21101136.jpg
これが最後に見つけた雌の超新鮮個体。


アカセセリ
f0199866_21114332.jpg

f0199866_21115819.jpg

f0199866_21120507.jpg
以上が雄個体。

f0199866_21122239.jpg

f0199866_21123866.jpg

f0199866_21124556.jpg

f0199866_21125824.jpg


ヘリグロチャバネセセリ
f0199866_21134673.jpg

f0199866_21135603.jpg









[PR]

by maximiechan | 2017-07-29 21:16 | 蝶 butterflies | Comments(2)

伊豆急行2100系 THE ROYAL EXPRESS

「THE ROYAL EXPRESS(ザ ロイヤルエクスプレス)」デビュー
f0199866_18584363.jpg

東急電鉄とそのグループである伊豆急行から送り出された新たな観光列車「THE ROYAL EXPRESS(ザ ロイヤルエクスプレス)」が2017年7月21日(金)に運転を開始した。走行区間は横浜駅と伊豆急下田駅の間。走るのはJR東海道本線とJR伊東線、伊豆急行線。その初日は出かけられなかったが、早くその姿を見てみたいと思っていて、本日午後振替休を取って、東海道線内での撮影を決行した。

撮影場所として選んだのは、T駅から1kmほどのS跨線人道橋。計画段階では伊豆急下田駅からJR横浜駅に向かう9044Mは時間的に厳しいだろうと思っていたが、きびきび行動したのが功を奏し、自分の乗った上野東京ラインがT駅に着いたのは9044Mの通過数分前だった。しかも先客は一人だけで、余裕で撮影ができた。横浜駅からの折り返しである9045Mがやってくるまでそれほど時間がないので、その撮影後駅から跨線人道橋まで急いだ。そこはネットで調べた場所だが、それなりに知られたポイントのようだったので、カメラマンがたくさんいることも覚悟していた。ところが、そこも先客は一人だけだった。9045Mがやってくるまでに数本の下りで練習ができた。はじめは40-150mmズームを使ったが、本命は編成が短いので100-400mmで撮影することにした。途中の写真にあるように東海道線、湘南新宿ライン、横須賀線などがひっきりなしに通過する場所だけに被りも心配だったが、両方とも被りなく撮影できたことは嬉しかった。

THE ROYAL EXPRESSと練習で撮影した列車
f0199866_18590911.jpg

f0199866_18591948.jpg

f0199866_18592785.jpg

f0199866_18593642.jpg

f0199866_18594698.jpg

f0199866_18595652.jpg

f0199866_19000444.jpg







[PR]

by maximiechan | 2017-07-27 19:07 | 鉄道 railways | Comments(4)

クロツバメシジミ

天気予報を見て予定していた高原行きを諦めた。それでも撮影はしたかったので、クロツバメシジミの生息地に行ってみることにした。

ここも時折雨が落ちてくるような天気ではあったが、クロツバメシジミは元気に飛び回っていた。擦れた個体も見たが、殆どは新鮮個体だった。産卵している、あるいは産卵場所を探している雌を多数見かけた。最近あまり出番のなかった60mmマクロを使って拘りのアップも撮ってみた。

クロツバメシジミ
f0199866_05325037.jpg

f0199866_05330019.jpg
たまたま留まった場所が蔦の葉の下だったのだろうが、雨宿りしているように見えた。

f0199866_05330824.jpg

f0199866_05331677.jpg

f0199866_05332305.jpg

f0199866_05333010.jpg
翅表がやけに赤茶けた色に写っている。この個体のもっている色なのか光の具合なのか?

f0199866_05333876.jpg







[PR]

by maximiechan | 2017-07-25 05:39 | 蝶 butterflies | Comments(0)

7月22日出発カシオペア紀行

7月22日出発のカシオペア紀行を撮影した。

ポイントは前回と同じだが、もっと線路に寄り、脚立と踏み台を使って高い位置から撮影した。ここは、夏場の5時頃なら晴れていれば前面にも若干光が入り、とても好いポイントだと思うが、当日は雲が多かったので他のポイントも考えていた。それでも、現地に向かう車の中から空の様子を観察し、晴れると信じてここに決めた。そして、それは正解だった。少し前から雲が切れてきて、薄い雲はあったものの日差しのある中をカシオペアは通過していった。ところで、この日の牽引はEF81139だった。秋田車両センターから3月4日付けで田端運転所に転属になった、自分にとっては初撮影の機関車だ。寝台特急を牽引していた他の機関車と違い、車体側面に銀の流星がない。
待っている時に485系リゾートやまどりが上り線を走っていった。

EF81139牽引カシオペア紀行、485系リゾートやまどり 他
f0199866_22140691.jpg

f0199866_22141669.jpg

f0199866_22142418.jpg

f0199866_22143508.jpg




[PR]

by maximiechan | 2017-07-24 22:16 | 鉄道 railways | Comments(0)

オナガシジミ

とある公園。クルミの木が多い場所を見て回っていると… いましたいました

オナガシジミ
f0199866_05524215.jpg

f0199866_05533753.jpg

f0199866_05534655.jpg

f0199866_05535626.jpg

f0199866_05540469.jpg

たくさん見つかったけど、下に降りてきてくれる子はほとんどいなかった。時期的にも少し遅かったようだ。








[PR]

by maximiechan | 2017-07-24 05:56 | 蝶 butterflies | Comments(0)

カラスアゲハ路上吸水

蝶友さんの運転する車で山道を走っている時、道路に水が染み出している所でカラスアゲハが吸水しているのを見つけた。暫しその子に遊んでもらってから、またの出会いに期待して山道を走っていたら、道はどんどん悪くなるし、雨も降ってきた。そんな時、3匹で吸水しているのを見つけたが、近寄ろうとしたら飛ばれてしまった。彼らは何回か戻ってきたものの地面には降りず、そのままどこかに消えてしまった。その中の少なくとも1匹はミヤマカラスアゲハのように見えたので悔しかった。

カラスアゲハ吸水
f0199866_17500378.jpg

f0199866_17501228.jpg

f0199866_17502665.jpg

f0199866_17503532.jpg

f0199866_17504579.jpg

f0199866_17505478.jpg

f0199866_17510406.jpg





[PR]

by maximiechan | 2017-07-23 17:54 | 蝶 butterflies | Comments(2)

アイノミドリシジミ

標高1400mほどの高原でアイノミドリシジミを撮影した。

蝶にも好みや都合があるので、こちらの思い通りにはならないのは分かっていながら、橋の上から蝶友さんと「もっと近くの葉に」「こっち向きに」などと注文を出し続けていた。

アイノミドリシジミ
f0199866_07041669.jpg

f0199866_07042441.jpg

f0199866_07043467.jpg

f0199866_07044379.jpg

f0199866_07045382.jpg







[PR]

by maximiechan | 2017-07-23 07:08 | 蝶 butterflies | Comments(0)

7月15日出発カシオペア紀行

7月15日もカシオペア紀行の撮影に出かけた。

陸橋から見下ろした絵を考えていたが、架線柱をかわすのが難しかったので、その辺りを歩いてどこかいい場所はないか探していたら、田んぼの奥にカメラマンが何人かいるのが見えた。そこに行って試し撮りをしようとしたが、列車がなかなか来なかった。原因は分からないがダイヤが乱れているようだった。やっと来た宇都宮線を撮影してそこでの撮影を決意した。それから車を停めた場所に戻って三脚などを取ってきた。そのうち徐々にカメラマンが増えて、カシオペア紀行がやってきた時には20人以上になっていた。他の列車はかなり遅れているようだったがカシオペア紀行はほぼ定時でやってきた。

EF8180牽引カシオペア紀行
f0199866_20010462.jpg


練習で撮影した宇都宮線
f0199866_20014337.jpg


上り線を東武のスペーシアや修学旅行専用列車が通った。
f0199866_20034343.jpg

f0199866_20035594.jpg


同好の人たち
f0199866_20054696.jpg





[PR]

by maximiechan | 2017-07-20 20:07 | 鉄道 railways | Comments(0)