羽田 続き

新規ポイントでの撮影の後、C滑走路の撮影場所探しをしたが、散歩に終わってしまった。

それから昼食をと思い、第1ターミナルビルの赤坂離宮に向かった。羽田に行ったときの昼食定番は赤坂離宮の酸辣湯麺セット。これは絶品。

その序でに展望デッキでも少々撮影。
f0199866_08362362.jpg

f0199866_08363791.jpg


午後の日差しに合わせて次に向かったのはC滑走路に進入していく機体を一瞬撮影できる場所。
f0199866_08382941.jpg
ルフトハンザのB747も撮ったが、今回は周辺光量落ちが酷くて掲載は見合わせ。

それから更に移動して今度はA滑走路に進入してくる機体を撮影できる場所に。
f0199866_08404476.jpg

f0199866_08405149.jpg

f0199866_08405861.jpg
タイミングが合うと、C滑走路に進入してくる機体と一緒に写し止めることもできる。






[PR]

# by maximiechan | 2017-03-11 08:42 | 飛行機 airplanes | Comments(0)

羽田新規ポイント

飛行機も撮っていた」という記事で「A滑走路に進入してくる機体をほんの一瞬だけ撮影できる場所がある。」と書いて、そこで夕方撮影した写真も載せた。その撮影時、北風運用時の午前中なら、着陸してくる飛行機を順光で撮影できるなと思った。

その場所に朝から出かけてみた。

そこは、踏み台を使用してフェンスをかわすと、D滑走路にタキシングしていく飛行機を撮影することもできた。

f0199866_22033986.jpg

f0199866_22034812.jpg

f0199866_22035614.jpg

f0199866_22040653.jpg

f0199866_22041260.jpg

f0199866_22041985.jpg

f0199866_22042738.jpg

f0199866_22043514.jpg

f0199866_22044827.jpg

f0199866_22045417.jpg

この日はすっきりした空ではなかった。でも、これらの写真のような灰色がかった空でもなかったような気がする。ホワイトバランスの調整で改善できるのだろうか。
また、飛んでいる飛行機を撮影した写真では、単色の空のような背景だと避けられないことではあるが、周辺光量落ちが目立ってしまい、ちょっと残念だった。周辺光量落ちに関しては、手振れ補正が効くとはいっても動いているものを撮るのでシャッター速度を上げ、結果として開放か開放に近い絞りであったことが原因と思われる。次の機会には、絞りをもっと絞って撮影してみようと考えている。





[PR]

# by maximiechan | 2017-03-08 22:36 | 飛行機 airplanes | Comments(2)

シマアジ(カモ目カモ科)

初見初撮影のシマアジ

f0199866_22515652.jpg


シマアジと言っても魚ではなく、カモの仲間だ。BIRD FAN(日本野鳥の会)のフォトギャラリー野鳥写真図鑑の解説には『主に春と秋に湖沼、河川、水田に少数が飛来する(北日本では一部繁殖)。雌やエクリプスでは、眉斑とくちばしの付け根の白い斑がポイント。雨おおい羽の淡い灰色は飛ぶと目立つ(特に雄)。』と書かれている。とても珍しいカモだ。

見つけた時は眠っていたが、カワウが近くに飛んできた時に初めて顔を見せてくれた。
f0199866_22532700.jpg

その後、カルガモに突かれて眠りから覚めて川に入った。
f0199866_22534810.jpg

f0199866_22543972.jpg

f0199866_22544683.jpg

羽繕いの後、羽ばたきを見せてくれた。
f0199866_23013605.jpg


f0199866_22553149.jpg

f0199866_22554074.jpg

f0199866_22554931.jpg

f0199866_22555682.jpg

餌を啄んだり、陸に上がったり忙しく活動していた。
f0199866_22575035.jpg

f0199866_23053504.jpg

f0199866_23054889.jpg

f0199866_23060144.jpg

f0199866_23062335.jpg






[PR]

# by maximiechan | 2017-03-04 23:11 | 鳥 birds | Comments(2)