春爛漫の山里

関東平野で桜の満開が告げられてから1週間ほどすると、秩父周辺の山里は色とりどりの花が咲き乱れ、心躍る季節を迎える。私は学生時代に車の免許を取って以来、この時期になると秩父周辺に出かけ、スミレ、カタクリ、ヒトリシズカ、ニリンソウなどの野の花や人々が丹精込めて育てた、庭や畑に咲く美しい花を楽しんでいる。さて、この写真、電線がちょっと邪魔してるかなと思うけど、そこはご愛敬ということで。
f0199866_22393190.jpg

[PR]

# by maximiechan | 2009-04-15 21:16 | 旅行 travel | Comments(0)

アケボノスミレ

もともとスミレの花は大好きだった。実家の近所に山野草の研究家が住んでいて、そのお宅から種子が飛んできたのか、かつて我が家の庭にはヒゴスミレが沢山咲いていた。音楽でもWolfgang Amadeus Mozart(1756~1791 オーストリア)の「Das Veilchen」やAlessandro Scarlatti(1660~1725 イタリア)の「Le violette」を学生時代にピアノ伴奏したことがあり、何かとスミレとは縁が深かった。このアケボノスミレは、色が素敵で特にお気に入りの種類だ。ときがわ町の大野峠は車でも手軽に行ける場所ながら、周辺にはタチツボスミレ、エイザンスミレ、ナガバノスミレサイシン、ヒナスミレなどの他、アケボノスミレも沢山咲いていて、アケボノスミレの写真のほとんどはここで撮影している。この写真も、4月11日、横瀬町に向かう途中、大野峠付近で撮影したものだ。
f0199866_22402697.jpg

[PR]

# by maximiechan | 2009-04-14 22:32 | 草花 wild flowers | Comments(3)

スギタニルリシジミ

地図を頼りに見当をつけて訪れた場所で4月11日、見事にスギタニルリシジミに出会うことができた。かなりの数が確認できたが、忙しく飛び回っていることが多く、時折、花や枯れ葉の上などに降りても、警戒心が強いようで近づくのが難しかった。そんな中で、初めてまともに写せた写真がこれ。その後もとりあえずピントが合っている程度の写真は撮れたが、満足のいく写真は得られなかった。そこで、12日にもまた行ってみたが、やはり結果は同じ。修行が必要のようだ。
f0199866_22411840.jpg

[PR]

# by maximiechan | 2009-04-13 06:15 | 蝶 butterflies | Comments(2)