ハッチョウをリクエストしたらモートンのおまけ付き

シルビアシジミ撮影の後、「ハッチョウトンボを撮影したい」とリクエストしたところ、予定していた公園に行く途中に、小さな沼に寄ってくれることになった。ハッチョウトンボは8年前の夏、尾瀬ヶ原で見ていたので、そんな風景を想像していたのだが、その沼は雑木林の奥にあり、背の高い植物が生い茂っていて、まるで想像とは違っていた。だから、最初はこんな沼で?と信じられなかった。しかし、驚いたことに本当にいたのだ。最初カメラに収めたのはアブと見間違えそうなメス。その後、未成熟のオス、そして真っ赤な成熟したオスも撮影することができた。
f0199866_20322447.jpg

f0199866_20324029.jpg

f0199866_20325355.jpg


そして、更なる驚きが待っていた。それは今シーズンの撮影は諦めていたモートンイトトンボとの出会いだった。キイトトンボも沢山いるのに、よく生き延びていたものだ。
f0199866_203310100.jpg


この沼はこれで終わらなかった。自然の中での撮影は不可能と思っていた、ある貴重な植物が花を咲かせていたのだ。それは、次の次に掲載する予定。
[PR]

# by maximiechan | 2009-08-11 20:40 | 蜻蛉 dragonflies | Comments(4)

オオゴマシジミ撮影行

栃木県在住のooさんに栃木県と群馬県北部山間地の蝶のポイントを案内してもらった。

待ち合わせ場所は、以前ooさんに教えてもらった栃木県内にあるシルビアシジミの生息地。先週はここでメスしか撮影できなかったので、オスを撮影するのが目的だった。2人で探すとかなりの数がいることが分かった。そして、この不順な天候のせいなのか、だらだらと発生しているようで、オスメスともにまだまだ新鮮な個体も多かった。チャンスは少なかったもののオスの開翅も撮影できた。1日目は、その後蜻蛉のポイントを回ったので蝶で撮影したのはシルビアシジミのみだった。
f0199866_20252436.jpg

f0199866_20255620.jpg


2日目に先ず向かったのは、アイノミドリシジミがテリを張るというポイント。生憎の天候のため、例年に比べて数は少ないということだった。また、時期的にも少し遅かったようで、遠目に確認できた個体は、どれもかなり擦れていた。そこでは、ゴイシシジミ、ミヤマカラスアゲハ、ミドリヒョウモンなども撮影した。
f0199866_20261912.jpg

f0199866_20264154.jpg

f0199866_20265616.jpg

f0199866_20271547.jpg


今回の一番の目的はオオゴマシジミ。そのポイントに着くと、さっそく一際大きな黒っぽいシジミチョウが飛び出し、遠くの葉の上に留まった。その時は生憎の曇り空で、近づくのも難しい場所だったため、ズームレンズ望遠端の200mm(マイクロフォーサーズなので35mm換算400mm)、ISO感度800で証拠を押さえるのがやっとだった。その後、少し近づいて開翅も見せてくれたが、後ろからしかポジションが取れずに苛々が募った。そして、その後は高い位置に飛ばれてしまい、葉の上でじっと動かず、陽が射したときに、手を伸ばしてバリアングルモニターを見ながら撮るのがやっとだった。
f0199866_20274235.jpg

f0199866_20275961.jpg

この時期の山間地ということでアサギマダラはたくさん飛んでいたが、ooさんの話では例年より明らかに数が少ないということだった。これも不順な天候のせいだろうか。
f0199866_21112489.jpg

ooさん、2日間ありがとうございました。
[PR]

# by maximiechan | 2009-08-10 20:32 | 蝶 butterflies | Comments(8)

高原の蝶(長野県)

不順な天気が続いている。
なかなか思い切った行動がとれないでいたが、今日の長野県中南部は朝から昼にかけて晴れ間も出るとの気象庁の天気予報を信じて、長野県南佐久郡に出かけた。途中、埼玉県北部から群馬県は雨がしっかりと降っていたが、長野県に入ると雨はやみ、雲の切れ間から青空が覗くほどの天気で、我が気分も晴れた。ところが、目的地は始めのうち霧に覆われ、蝶の姿は時折地面すれすれをちらちらと舞うジャノメチョウのみしか見つけられらなかった。そのうち小さな黒っぽい蝶が飛んできて、近くの葉に留まったので慌てて駆け寄るとテングチョウだった。とりあえず証拠写真は押さえて、別の場所に移動することにした。しかし、何処も蝶の気配などなかった。標高2000mを越える峠まで行ったが、蝶がよく吸蜜に来るアザミの仲間はまだ蕾だった。仕方なく、このまま帰ることも覚悟して元の道を引き返すことにした。
ところが、最初の場所辺りに戻ると薄日が差してきて、道路脇の花に次々に蝶が見つかった。そうなると車を停めては浮き浮きドキドキの撮影タイム。
アサギマダラはかなりの数を見た。ヒメキマダラヒカゲも多かった。クジャクチョウとサカハチチョウは写真の1個体のみ。アカタテハは数個体確認した。ヒョウモンチョウの仲間は何種類かいたが、私には区別がつかず、きれいに撮れていたウラギンヒョウモンのみここでは掲載しておく。モンキチョウも多かった。
f0199866_2141378.jpg

f0199866_2111976.jpg

f0199866_2143243.jpg

f0199866_2145220.jpg

f0199866_2151339.jpg

f0199866_215365.jpg

f0199866_2172365.jpg


その他ルリシジミ、ツバメシジミ、スジグロシロチョウ、ミヤマカラスアゲハ、クロヒカゲなどを見たり、撮ったりした。期待していたキベリタテハ、スジボソヤマキチョウの姿がなく残念だった。
[PR]

# by maximiechan | 2009-08-07 21:12 | 蝶 butterflies | Comments(6)