蜻蛉アルバム完成

蜻蛉のアルバムをずっと作りたいと思っていて、ちまちまと作業は続けていたが、先日遂に思い切って区切りをつけ、30ページのアルバムを完成させた。そのアルバムが本日web上に公開された。本物のアルバムは今週末か来週はじめに届くだろう。楽しみである。

以下のアルバムタイトルをクリックすると、私のアルバム一覧のページが開く。
The dragonflies

因みに、ブログ未掲載のものでは次のような写真を使った。
f0199866_20442564.jpg
f0199866_2044713.jpg
f0199866_20445333.jpg

[PR]

# by maximiechan | 2010-07-05 20:47 | アルバム album | Comments(4)

梅雨の晴れ間の蜻蛉達その1(7月上旬 埼玉県)

くもり後雨という天気予報が出ていたので遠出はせず、自宅周辺で蜻蛉を撮影することにした。天気の方は予報よりずっと好い方にはずれ、晴れ間も覗き、絶好の蜻蛉撮影日和となった。

第1のねらいはコフキトンボ♀のオビ型だった。取り敢えず証拠は押さえられたが、満足のいく写真は撮れなかった。
f0199866_2031345.jpg
f0199866_20311543.jpg

♂は名前通りに粉がふいて真っ白になっている個体も多かった。
f0199866_20313417.jpg

真っ赤に染まったショウジョウトンボは誰もが興味をもつようで、撮影していると「何という蜻蛉ですか?」と声を掛けられることもあった。
f0199866_2031518.jpg

チョウトンボはひらひらと優雅に舞っていた。緑がかった色の翅が美しいメスも撮りたかったが、その翅を休めることはなかった。
f0199866_20446100.jpg

ベニイトトンボは新しく購入した45mmマクロレンズで撮影を試みた。
f0199866_20321490.jpg

交尾しているペアは遠かったので望遠レンズでの撮影。
f0199866_20323213.jpg

なかなか留まってくれないコシアキトンボがどうしたわけかお誂え向きにじっとしてくれた。
f0199866_2034517.jpg

ウチワヤンマは葦の陰に身を潜め、やっとこの大きさに撮影することができた。
f0199866_20324775.jpg

[PR]

# by maximiechan | 2010-07-04 20:36 | 蜻蛉 dragonflies | Comments(12)

ホシミスジ(6月下旬 京都府)

関西方面に出張に行っていた。京都で自由な時間が少し出来たのでいくつかの寺を巡った。その時、とある寺の参道を歩いていると、アゲハチョウが吸蜜に来ている木があった。近づくと、ハチの仲間なども沢山集まっていて、ミスジチョウの仲間も1頭確認できた。やや高い位置にいたので標準ズームの望遠端でとりあえず証拠撮影はしておいた。
f0199866_2033022.jpg

その蝶のことが気になり、帰りにもその木を覗いたら、蝶はルリシジミしかいなかった。でも、辺りを見てみると、嬉しいことに気になっていた蝶は、近くの木の、しかも低い位置に留まっていた。それは普段よく見るコミスジよりも明らかに大きかった。自分にとっては未撮影の種類だと思ったので、手ぶれに注意しながら撮影をした。標準ズームしか持っていなかったが、幸いのんびり屋さんで近づいて大きく撮ることもできた。
f0199866_2035559.jpg
f0199866_204775.jpg
f0199866_2041878.jpg

帰宅後、図鑑で調べたところ、その蝶はホシミスジと判明した。
[PR]

# by maximiechan | 2010-07-02 20:05 | 蝶 butterflies | Comments(8)