神奈川ギフ マメザクラで交尾 

昨日は午後から雨の心配もあったが、神奈川ギフ撮影行を決行した。午後の天気の心配と気温が朝から高いということだったので早く出発して、現地には8時少し過ぎに到着した。

躑躅やマメザクラのポイントに向かう途中の枝垂れ桜に早速ギフチョウを発見。それは撮影できなかったが、飛んで草に留まったところを後向きではあったが撮影。それが今シーズン初のギフチョウの写真となった。幸先いいぞと思ったが、甘かった。

畑の先のタチツボスミレが多く咲く道沿いでは、時折ギフチョウが飛んで来るものの、気温が高いためか飛び回るばかりで殆ど吸蜜はしてくれなく、どうにか証拠程度の写真を数枚撮るのがやっとだった。モミジイチゴ吸蜜は一度目撃したが近寄る途中で飛ばれてしまった。カキドオシは雲が広がってしまった時に一回撮影が叶った。その他、産卵したそうに草にタッチしながら地面すれすれを飛んでいる雌を発見、ちょっと休憩した時に撮影が叶った。

再び晴れてからは人家の前の躑躅、マメザクラのポイントで暗雲が空を覆ってきた1時半くらいまでギフチョウを追った。こちらはそこそこ吸蜜に来てくれた。そんな中、羽化直と思える雌を地面に発見。左前翅端が羽化不全で伸びきっていなかった。その娘が暫くすると、躑躅、マメザクラで吸蜜を始めた。それを撮っていると、雄が飛んできて絡み、すぐに交尾が成立した。交尾ペアが留まったのが枝の混み合った奥の方だったので撮影には苦労した。

掲載写真はハイライトのマメザクラでの交尾から
f0199866_08372117.jpg

f0199866_08373348.jpg

f0199866_08374132.jpg

f0199866_08374927.jpg

f0199866_08375749.jpg


交尾に至った雌を先ずは地面で発見
f0199866_08385615.jpg


その雌が飛んでマメザクラで吸蜜
f0199866_08393124.jpg

f0199866_08393919.jpg


タチツボスミレ吸蜜
f0199866_08403052.jpg


産卵したそうにしていた雌
f0199866_08413176.jpg


地面に留まった雄
f0199866_08452585.jpg


雲が広がってしまった時に登場した左後翅の色がくすんだ個体
f0199866_08430548.jpg

f0199866_08431286.jpg


躑躅吸蜜
f0199866_08433944.jpg


伸びてしまったフキノトウの近くに留まった雌
f0199866_08443958.jpg









[PR]

by maximiechan | 2017-04-16 08:50 | 蝶 butterflies | Comments(6)