秩父鉄道 ELロウバイ号

秩父鉄道の「ELロウバイ号」を撮影してきた。

往路の牽引機は、デキ502号(通称「幸せの黄色い機関車」)を使用、鉄道むすめ「桜沢みなの」デザインのヘッドマークを掲出して運転ということで、それなりに撮り鉄の人もいるだろうと思っていたが、その考えは甘かった。

撮り鉄さんの多さはSL運行時以上だった。そして、自分のプランは儚くも潰えた。仕方なく更に車を進め、それなりに撮影できる所に入ったが、他にもっと好い場所がないか、歩いて少々探索してみた。すると、その少し先に好い感じで撮れそうな場所があった。しかし、そこも既に満席状態だった。いずれ、そこでSLの撮影をしてみたいと思った。

結局、車を駐めた場所に戻り、そこでカメラを構えた。ところが、何本か撮影してみても納得がいかなかった。そのうち、そこにも撮り鉄さんがどんどんやってきた。

最終的には、線路の反対側から撮影することにした。今回はカメラを三脚に取り付ける部品を忘れてしまい、手持ちでの撮影だった。

ELロウバイ号 往路
f0199866_21483887.jpg
雲の塊がやってきていて際どいタイミングだった。

本番に向けての練習
f0199866_21522102.jpg

f0199866_21570401.jpg

f0199866_21540003.jpg

f0199866_21543520.jpg


ELロウバイ号往路撮影時、客車の後ろにパレオエクスプレス用補助機関車であるデキ201号が付いているのが確認できた。復路の撮影については未定だったが、それを見て撮影することに決定した。

時間潰しは花や風景の撮影。

午後になると雲が広がって日差しがあまりなかったので、それならと決めた場所でカメラを構えたが、寸前で陽が射してきて完全逆光での撮影となってしまった。

ELロウバイ号 復路
f0199866_22165314.jpg


[PR]

by maximiechan | 2017-02-11 22:20 | 鉄道 railways | Comments(2)