風任せ自由人

minorin861.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 08月 16日

羽田空港で(台風の余波が残る中)

台風の影響で時折雨が降ったり強風が吹いたりしていたが、ここ数日撮影ができずにうずうずしていたので、羽田空港2タミ展望デッキに向かった。最初はかなり視程が悪くもやもやした空の下での撮影となったが、それは予想通りで、そんな写真も記録として押さえておこうと思った。海はもっと白波が立っているかと思ったが、それほどではなかった。とは言え、時折離陸した飛行機が風に煽られて機体が大きく傾くこともあった。午後2時頃になって国際線ビルに場所替えした頃には空がかなり明るくなってきた。その目的は久々に羽田で見られるR2-D2 ANA JETを捕獲することだった。

2タミ展望デッキから
f0199866_18413080.jpg

f0199866_18413964.jpg
このB737-500(JA301K)は現役引退後、整備訓練機材となっているそうだ。

f0199866_18450458.jpg

f0199866_18451377.jpg

f0199866_18452057.jpg

f0199866_18452842.jpg

f0199866_18453420.jpg
大韓航空のB747-400を捕獲できた。昨年撮影できたのも台風の翌日のことだった。

f0199866_18454385.jpg

f0199866_18455507.jpg

f0199866_18460686.jpg

f0199866_18461332.jpg


国際線旅客ターミナルビル展望デッキから
f0199866_18485560.jpg
展望デッキに上がるとルフトのB747-8がC滑走路に向けてタキシングしていくところだった。この飛行機はこれからフランクフルトに向けて飛び立つ。

f0199866_18503846.jpg

f0199866_18504636.jpg
こちらはパリから戻ってきたところ。


















# by maximiechan | 2019-08-16 18:53 | 飛行機 airplanes | Comments(1)
2019年 08月 15日

成田空港で

HONUやJALのJA01XJ狙いで出かけた時などに撮影していた飛行機たち。

ウズベキスタン航空の飛行機は初めて撮影した。撮影した場所は1タミの展望デッキ。そこからはA滑走路使用の飛行機を午前中は順光で撮影できる。ピーチアビエーション機のみは北風運用時の撮影。最近殆ど見かけない3発機(FedEx)も捕獲できた。

1タミ展望デッキからの撮影
f0199866_11033023.jpg

f0199866_11033874.jpg

f0199866_11034533.jpg

f0199866_11035320.jpg

f0199866_11040055.jpg

f0199866_11040789.jpg

f0199866_11041704.jpg

f0199866_11042522.jpg


南風運用時にB滑走路への進入してくる飛行機を撮影している場所は十余三(とよみ)の東雲の丘という場所。そこは小型機の撮影には向いている(Jetstar機とバニラ・エア機)が、飛行機が大きくなってくる(BA機)とフェンスなどが写り込んでしまう。B滑走路から離陸していく飛行機の撮影も可能。今後更に好く撮影できる場所がないかその周辺も探索してみようと思っている。

十余三東雲の丘からの撮影
f0199866_11055632.jpg

f0199866_11261637.jpg

f0199866_11053421.jpg

f0199866_11091484.jpg


さくらの山公園からは離陸前のアシアナ航空ジャンボ機やA滑走路に進入してくる厦門航空のB787などを撮影した。ジャンボはこの角度がなかなか好いと思った。厦門のB787のデザインは次のKLMオランダ航空機とよく似ている。オーストリア航空のこのデザインはなかなかオシャレだと思う。

さくらの山公園からの撮影
f0199866_11205849.jpg

f0199866_11111431.jpg

f0199866_11113674.jpg

f0199866_11115880.jpg

f0199866_11122003.jpg

f0199866_11122882.jpg

f0199866_11123712.jpg


さくらの丘公園からは離陸して上昇していくところを撮影できるが、離陸地点や上昇する角度がそれぞれ違うので、撮影はなかなか難しい。そんな中、ANAのB787はかなり満足のできる写真が撮れた。

さくらの丘公園からの撮影
f0199866_11161731.jpg

f0199866_11135309.jpg

f0199866_11140139.jpg















# by maximiechan | 2019-08-15 11:28 | 飛行機 airplanes | Comments(2)
2019年 08月 14日

こんなことがあった その2

(3)ロールス・ロイス社製B787エンジン問題?
 昨年、B787に搭載されている英国ロールス・ロイス社製のエンジンに不具合が見つかり、そのエンジンを搭載したB787を多数所有していたANAは機材変更だけでは対応できず、多くの欠航を出したことはニュースなどで広く報道された。そして現在もその改修が進められている。

京浜島で撮影したエンジンを外されたANAのB787
f0199866_08401079.jpg

f0199866_08402142.jpg
因みにJALの所有するB787のエンジンはGE社製で問題は起きていない。

 同じロールス・ロイス社のエンジンを搭載していたニュージーランド航空のオークランドー羽田便(B787)は、エンジンの追加メンテナンスを行う必要があることから、2018年10月28日から2019年5月6日まで運休すると発表されていたが、その後も現時点では運行は再開されていない。それはどうしてなのだろうか?


(4)時刻表にない
 先日、9時少し過ぎのことだったが、羽田空港に向かう東京モノレールの車窓から、BAのB777が空港の外れの方に駐機しているのが見えた。BAの定期便は8:50に出発するので、あれっどうしたの?と思った。空港に到着してから調べてみたら、定期便の方はきちんと出発していた。チャーター便?誰か政府の要人でも来ていたの?
 午後になって国際線ターミナルビル展望デッキで他の目的があってカメラを構えていたら、そのBA機がトーイングトラクターで運ばれてきた。そしてエプロンには着かずにタラップ使用で乗客を乗せてC滑走路にタキシングしていった。

午後の日差しの下で撮影できたBA機
f0199866_09064997.jpg

f0199866_09065835.jpg

f0199866_09070863.jpg


(5)バードストライク
 つい最近のことだが、1タミのガリバーデッキで撮り空をしていたら、上空間近をANAのB777が通過した。こんな所をどうしてと思っていると、先ほどよりは少し遠かったが、AIR DOのB767が管制塔の方から飛んできた。近くでエアバンドレシーバーを聞きながら撮影している人がいたので、何かあったのですか?と訊いたら、「バードストライク」との答え。そのために一時的にB滑走路が閉鎖され、B滑走路に進入しようとしていた一部の飛行機が着陸をやり直すために上空を飛んで行ったのだ。その時、ガルーダインドネシアの旧塗装機もB滑走路に向かっていた。その飛行機は房総半島で旋回して着陸を遅らせた。

着陸を回避して上空を飛び去るANA B777
f0199866_09220606.jpg

同じくAIR DOのB767(管制塔も絡めて)
f0199866_09230584.jpg

AIR DO機のリアルタイム追跡アプリの画像
f0199866_09331550.jpg
通常、新千歳ー羽田の所要時間は1時間10分ほど。この時はこの大きな旋回のために1時間54分もかかっている。

房総半島で旋回したガルーダインドネシア航空旧型塗装機のリアルタイム追跡アプリの画像
f0199866_09423227.jpg

別の日に撮影したガルーダインドネシア航空の旧型塗装機(A330)
f0199866_09452819.jpg


















# by maximiechan | 2019-08-14 09:48 | 飛行機 airplanes | Comments(2)