羽化後間もないオナガサナエ♀など(6月中旬 埼玉県)

川の中をザブザブと歩きながら蜻蛉を探し出して最初に見つけたのはダビドサナエ。随分と色褪せてしまい、一瞬別の種類かと思った。
f0199866_22371997.jpg

次に見つけたのは黄色が目立つ見慣れぬ中型でやや太めの蜻蛉。家に帰ってから図鑑で調べたところ、オナガサナエのメスだった。オスは昨年8月にやや上流で何かを捕らえて食べているところを撮影していた。
f0199866_22374782.jpg
f0199866_2238012.jpg

やや淀んだ流れの近くにはセスジイトトンボがかなりの数確認できた。連結しているものも目にした。たまたまレンズを向けたメスは蜘蛛の仲間を捕食していた。
f0199866_22382554.jpg

コオニヤンマを追っていたとき目についたのはアオハダトンボが川に浸って産卵している姿。そのすぐ奥にはアメリカザリガニの死骸が見えて、生命のドラマを感じた。絵としてはあまり美しくないが・・・。
f0199866_22384726.jpg

Commented by s_3110 at 2010-06-16 20:31 x
このアオハダトンボは産卵中ですね、実に面白いシーンです。

コオニヤンマの捕食、全く別の場所で同じような場面に出会いました。
チョウを捕らえるのが上手なのかもしれない。
Commented by maximiechan at 2010-06-16 23:02
s_3110さん、コメントありがとうございます。この日は産卵しているアオハダトンボを多数見ました。
コオニヤンマはなかなか近づけず苦労しましたが、最後にこんなよいシーンに出会えて嬉しかったです。
by maximiechan | 2010-06-15 22:44 | 蜻蛉 dragonflies | Comments(2)

自然・旅行・写真・音楽


by maximiechan
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る