真夏の八重山の蜻蛉

蝶の撮影の合間にたまたま見つけた蜻蛉を撮影することはあった。しかし、昨年7月頃から蜻蛉にも夢中になり、今回は八重山の蜻蛉を事前に学習してこの撮影行に臨んだ。
f0199866_1872658.jpg

その成果は以下の通り。
イトトンボ科
アカナガイトトンボ、ヒメイトトンボ、リュウキュウベニイトトンボ(目撃のみ)
カワトンボ科
クロイワカワトンボ
ミナミカワトンボ科
コナカハグロトンボ
ハナダカトンボ科
ヤエヤマハナダカトンボ
サナエトンボ科
ヒメホソサナエ、タイワンウチワヤンマ
ヤンマ科
オオギンヤンマ
トンボ科
オオシオカラトンボ(目撃のみ)、コフキショウジョウトンボ、ハラボソトンボ、ホソミシオカラトンボ、オキナワチョウトンボ、ハネビロトンボ属のトンボ、オオハラビロトンボ、タイリクショウジョウトンボ、ヒメトンボ、ウスバキトンボ、ホソアカトンボ、ヒメキトンボ、コシブトトンボ、ベニトンボ、オオキイロトンボ(目撃のみ)
f0199866_18874.jpg

どこに行っても空を見上げるとたくさんの蜻蛉が飛んでいた。大半はウスバキトンボだったのではないだろうか。オキナワチョウトンボが空一面に群れていた光景を記憶しているが、最近はめっきり減ってしまったように感じる。
今回どうしても撮影したいと思っていて、その夢が叶ったのがヤエヤマハナダカトンボ。その他にも普通種かもしれないが、コシブトトンボやオキナワチョウトンボ(ベッコウチョウトンボの呼称の方がよいように思うのだが・・・)を撮影できたことが嬉しかった。
蜻蛉についてもこれから記事と写真を掲載していきます。
Commented by yoda-1 at 2010-08-19 18:27
トンボも綺麗だと感じる種類が多いのでしょうね。
期待しています。
しかし、青空を飛翔するオキナワチョウトンボ?は気持ち良さそうですね。
昆虫に生まれ変わるとした、蝶がいいのか。トンボがいいのか。迷います。
Commented by himeoo27 at 2010-08-19 20:32
青空を舞うオキナワチョウトンボの飛翔は、ヤシの木も写し込んでとても良い写真ですね!
Commented by ヘムレン at 2010-08-19 20:35 x
う~ん・・すごい!(**)。。
お疲れ様でした。
今回は、大変な成果でしたね。羨ましい限りです(^^)
どれもこれも、初めて見るものばかりで驚いています(^^)
Commented by maximiechan at 2010-08-20 19:22
yoda-1さん、やはり種はその環境に適応しますので、蜻蛉も南国仕様です。とても信じられないような赤の濃いイトトンボの仲間もいました。
Commented by maximiechan at 2010-08-20 19:24
himeooさん、オキナワチョウトンボは個体によって翅の色合いが違って、どれも撮りたくなっていまいます。
この写真は広角ズームで飛翔を狙ったときに偶然撮れたものです。
Commented by maximiechan at 2010-08-20 19:26
ヘムレンさん、八重山には50回くらい行っています。
ほとんどダイビングに費やしてきましたが、今回は蝶と蜻蛉にねらいを絞りました。でも、蝶なら5月か10月が良さそうです。
by maximiechan | 2010-08-19 18:11 | 蜻蛉 dragonflies | Comments(6)

自然・旅行・写真・音楽


by maximiechan
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る