連結アカネ&手乗りオナガ(9月中旬 長野県・埼玉県)

昨日の記事で「八ヶ岳方面に蝶と蜻蛉撮影目的で出掛けた。」と書いたが、蜻蛉撮影に関しての目的地は、8月下旬に行ったときにはカラカラに干上ってしまっていた八ヶ岳中腹の私のマル秘ポイント。今回は嬉しいことに水が戻っていた。池や沼と呼べるようなものではなく、ちょっと大きな水溜まりだが、アキアカネがたくさん連結産卵していた。これは絶好のチャンスと思い、久々にE-30+150mm F2.8 APO MACRO DGでその様子を撮影してみた。
f0199866_18572326.jpg
f0199866_18573228.jpg
f0199866_18574061.jpg
f0199866_18574834.jpg

ここではいつもムツアカネの姿も見ていたが、8月下旬のあの状態を見ていたので心配していた。しかし少ないながらもその姿もあった。しかも1ペアだけだったが連結産卵もしていた。それを見つけたときに持っていたカメラはG2+14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.だったので下の写真はかなりトリミングしたもの。
f0199866_1858295.jpg

埼玉県のよく行く川は水量が増えていた。川原は川遊びの人で溢れかえっていた。これでは蜻蛉の撮影どころではないなと思ったが、川原を歩いていたら、焚き火跡に蜻蛉の姿を見つけた。よく見るとオナガサナエだった。焚き火跡にいる蜻蛉なんて私の趣味ではなかったが、とりあえずこれはこれで面白いと思いカメラを取り出していたら、飛ばれてしまった。そしてその子が新たに留まった場所はママコノシリヌグイの花。
f0199866_1858587.jpg

何枚か撮影した後、手を出してみたら乗ってきてくれた。
f0199866_18592117.jpg

その後川に入って蜻蛉を探したが、いつもいるコオニヤンマさえ見つけられなかった。仕方なく車に戻ろうと川岸を歩いていたら、枯れ草に留まっているオナガサナエがいた。カメラを構えたら「ちゃんと撮ってくれよ。」とでも言いたげな目線をこちらに向けてきた。
f0199866_18593984.jpg

Commented by dragonbutter at 2010-09-19 19:16
アキアカネが実に美しく撮れてますね。
秋の高原の雰囲気が伝わってきました。
Commented by himeoo27 at 2010-09-19 21:06
大人しい「オナガサナエ」に出会えてluckyでしたね!
ここ最近は見る意志がある為か、蝶よりトンボの方が数多くいるように感じます。
Commented by maximiechan at 2010-09-19 21:39
dragonbutterさん、コメントありがとうございます。
これだけで300枚以上撮影しました。皆さんに見せられるのはほんの数枚です。フィルム時代には考えられなかったことです。
Commented by maximiechan at 2010-09-19 21:40
himeooさん、私も遂に指乗せ写真をブログに掲載してしまいました。
ところでミヤマサナエをずっと探しているのですが、見つかりません。
Commented by banyan10 at 2010-09-21 09:15
アキアカネは多いのでカメラを向けませんが、見事に飛翔をとらえていますね。
僕もサナエのポイントに寄ってみましたが、増水で産卵している個体を遠くから見ただけで収穫なしでした。
Commented by maximiechan at 2010-09-21 21:22
banyan10さん、この暑さで蜻蛉界もなにやら変ですよね。平地にアキアカネやナツアカネの姿がありません。
サナエのポイントはミヤマサナエに期待して何回か行っていますが・・・。羽化は観察出来たので、成熟個体が戻っている可能性はあると思うのですが
by maximiechan | 2010-09-19 19:03 | 蜻蛉 dragonflies | Comments(6)

自然・旅行・写真・音楽


by maximiechan
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る