グンバイトンボ

恒例のグンバイトンボ詣に行ってきた。

当日はあまり好い天気ではなく、しかもどちらかというと暗がりに生息している蜻蛉なので、撮影には苦労した。雌雄ともに複数匹確認できたのは嬉しかった。

グンバイトンボ
f0199866_06263351.jpg

f0199866_06265682.jpg

f0199866_06270513.jpg

f0199866_06271396.jpg

f0199866_06272151.jpg

f0199866_06273228.jpg

f0199866_06274022.jpg

f0199866_06274654.jpg

f0199866_06275496.jpg

f0199866_06280183.jpg







Commented by BBpinevalley at 2017-06-26 07:25
そうそう、トンボはあんな風に体をすっかり曲げることができるのでしたね。
そんなことも忘れてしまっていました。
アメリカ(加州)でもNZでも、あまりトンボは見かけません。
アメリカの南部では、蛍やトンボを多く見ました。
湿気のあるところを好むのでしょうか…
Commented by maximiechan at 2017-06-27 21:10
BBpinevalley 様
時々面白い動作をしますね。
アメリカの南部のトンボ、どんなのがいるのでしょうか?
興味があります。
尤も、蝶のようにカラフルではないでしょうね。異国の蝶をそのうち撮影したいです。
Commented by umi_bari at 2017-06-28 22:32
イトトンボのようで違うのですかね。
実に繊細なグンバイトンボ良いですね。
背景を綺麗にして、浮かび上がって、バグースです。
Commented by maximiechan at 2017-06-29 19:49
umi_bari 様
グンバイトンボはモノサシトンボ科に属する希少な蜻蛉で、現在関東では、今回撮影した河川域でしか生息が確認されていません。
モノサシトンボ科はイトトンボ亜目に属しています。ということで広い意味ではイトトンボの仲間です。
by maximiechan | 2017-06-26 06:28 | 蜻蛉 dragonflies | Comments(4)

自然・旅行・写真・音楽


by maximiechan
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る