最近撮影した蜻蛉

埼玉県内では鳥やミドリシジミの撮影の後に蜻蛉のポイントに何回か出かけた。

オオモノサシトンボ
f0199866_07030499.jpg
最近よくご一緒する方から新たな生息地を教わった。かつてよく撮影に行った県内のポイントでは見ることができなくなってしまった。

アオハダトンボ
f0199866_07055232.jpg

f0199866_07055812.jpg
この時は胴長を履いていなかったので、川岸から苦労しながら撮影した。

アオサナエ
f0199866_07073744.jpg
発生の早かったアオサナエだが、まだ新鮮個体が見られた。


ウラミスジシジミを撮影した日の帰りに寄った蜻蛉のポイントでは目的のグンバイトンボの他、ヤマサナエの雌の産卵行動などを撮影できた。

グンバイトンボ
f0199866_07120138.jpg

f0199866_07121353.jpg

f0199866_07122316.jpg
グンバイトンボは雄を多数、雌を1匹確認できた。いずれも未成熟個体だった。

ヤマサナエ
f0199866_07142788.jpg

f0199866_07143554.jpg
雌はホバーリングしながら時折腹端を水面につけるようにして産卵していた。見えづらいが腹端の下にやや赤みのあるものが付いているのが分かるだろうか。それが卵塊だ。

ミヤマカワトンボ
f0199866_07174592.jpg








Commented by umi_bari at 2018-06-07 22:11
素晴らしい色に暈しにピントも素晴らしい
ですね、お見事バグースです。
こんな写真が撮れるなんて、驚くばかりです。
Commented by maximiechan at 2018-06-09 22:09
umi_bari 様
海の中の生き物ほどは色に満ちていませんが、トンボも綺麗ですよね。
望遠レンズ或いはマクロレンズでシャッター速度を速くしているため、ボケの多い写真になりますね。
by maximiechan | 2018-06-07 07:21 | 蜻蛉 dragonflies | Comments(2)

自然・旅行・写真・音楽


by maximiechan
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る