羽田空港で その1

ルフトハンザドイツ航空の機材を撮影するために羽田空港に行った際など、当然他の飛行機にもレンズを向けている。ここ2ヶ月ほどの間に羽田空港で撮影した飛行機たちの中から30枚ほどの写真を選んだので、2回に分けて紹介したい。

B747-400(カンタス航空)
f0199866_21232985.jpg

f0199866_21234740.jpg
以前、駐機しているカンタス航空のB747-400を二重フェンスの隙間から撮影した写真を紹介したが、これは超裏技の写真で、走っている東京モノレール車中から窓越しに高速連写したものだ。東京モノレール車中から撮影できるということは、石垣島のカラ岳で飛行機を撮影している時にご一緒した方から教わった。その時はもっと簡単に撮影できると思ったが、実際には、手前に色々な障害物があるので、このように写せる場所はピンポイントの上、走る車内からなので、カメラは揺れるし、じっくりピント合わせや構図の確認なんてできないので苦労の末の産物だ。他の乗客から変な目で見られるのは覚悟しておかなければならない。なお、この日の機材はワンワールドの特別塗装機だ。何回も行ったり来たりして撮影した。

B787-9(ユナイテッド航空)
f0199866_21254176.jpg

f0199866_21255524.jpg
以前は国内線第2旅客ターミナル展望デッキの南端からもこんな撮影ができたが、今は南側を増築し、国際線に対応した施設を作るための工事をしていて、その南端には立ち入りができない。では、どこからこの撮影をしたかというと、第2旅客ターミナルと通路で結ばれた第4駐車場の別館屋上からだ。次のANA、JAL、エールフランスもそこでの撮影だ。

A321-200(ANA)
f0199866_21262867.jpg

B767-300(JAL)
f0199866_21264084.jpg

B777-200(エール・フランス)
f0199866_21270159.jpg

ERJ-190(ジェイ・エア)
f0199866_21274143.jpg

f0199866_21280109.jpg

f0199866_21283463.jpg
この飛行機は以前かなりアップでタキシングシーンを撮影していたが、その後、なかなか撮影チャンスに恵まれなかった。ところが、この日は午前と午後2回も離陸していくところを撮影することができた。午前は国際線旅客ターミナル展望デッキ、午後は国内線第2旅客ターミナル展望デッキから撮影した。

B737-800(JTA)
f0199866_21290889.jpg

f0199866_21292648.jpg

f0199866_21294300.jpg
ジンベエもさくらジンベエも石垣島で珊瑚の海背景の撮影が叶った。羽田空港でも、羽田ならではの背景をもっともっと工夫してみたい。

最後にちょっとニュースな写真も。エア・カナダのトロント発羽田着AC1便が2018年8月24日、羽田空港のD滑走路に緊急着陸した。緊急着陸にあたり、機長が管制に対し、右エンジンに不具合があった旨を伝えていて、滑走路には消防車が待機していたが、自走で旅客ターミナルに向かった、とのこと。下の写真は、翌25日、いつもはエア・カナダ機はこんな場所に駐機していないのに不思議だなと思って撮影したものだが、まさにその緊急着陸した機体(C-FIVS)だった。

B777-300(エア・カナダ)
f0199866_21462631.jpg








by maximiechan | 2018-09-25 21:49 | 飛行機 airplanes | Comments(0)

自然・旅行・写真・音楽


by maximiechan
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る