ブログトップ | ログイン

風任せ自由人

minorin861.exblog.jp

自然・旅行・写真・音楽

ワルツ 変イ長調 作品64の3 ショパン 

ショパンのワルツ作品64の3を弾いた。作品64の中ではNo.1が「小犬のワルツ 」として最も広く知られているであろう。そしてNo.2は以前に投稿しているが、ショパンの個性と国民性が滲み出た最上のワルツと評価されている。今回のNo.3はNo.2と対照的な明るさと喜びに溢れたもので、ショパンが生前に発表した8曲のワルツの最後の作品となったそうだ。ところで、ショパンのワルツに関しては何枚かCDも持っていて色々なピアニストの演奏を聴いているが、版による違いなのか音が違うものもある。私はお手頃な全音楽譜出版社の「ショパン ワルツ集[遺作付]」を使っていて、この版が一番素直な音だと感じている。

ところで、エキサイトブログだが、この数日、動きが重かったり、ログインできなかったりしていた。なんだか不具合があったのだろうか? 今はすんなり動くようになったのでホッとしている。

次は今回弾いたワルツ作品64の3の冒頭部分の楽譜(全音楽譜出版社)
ワルツ 変イ長調 作品64の3 ショパン _f0199866_11434287.jpg


下の題名をクリックすると動画が見られます。

ワルツ 変イ長調 作品64の3




















by maximiechan | 2020-08-23 11:47 | 音楽 music | Comments(0)