追加

今まで撮影して掲載してきた記事への追加的な写真の数々

最初は山間南斜面でスギタニルリシジミ?と目を疑った。その後、初見した場所周辺ではかなり頻繁に、そして時には複数個体を同時に目撃している。
f0199866_06151524.jpg

f0199866_06153033.jpg

f0199866_06154336.jpg

f0199866_06155220.jpg

f0199866_06161122.jpg

f0199866_06164559.jpg


もう殆ど気にもかけなくなってきたベニシジミやモンキチョウだが、吸蜜シーンや交尾となれば話は別だ。
f0199866_06345413.jpg

f0199866_06350817.jpg

f0199866_06351518.jpg


ヤマトシジミ青雌との遭遇率は100%を保っている。この雌もかなりのレベルだ。生憎の曇り空だったが、陽光があればもっと光り輝く青を見ることができたかもしれない。
f0199866_06385497.jpg

f0199866_06390211.jpg

f0199866_06391001.jpg


ツバメシジミは雄がかなり見られるようになってきた。雌はまだ記事にした1匹だけしか見ていないが、もっと青い翅表を期待している。
f0199866_06410643.jpg

f0199866_06411588.jpg

f0199866_06503543.jpg


ルリシジミは今シーズンの初見、初撮影が叶った。スギタニルリシジミが吸水に来ている場所での撮影だった。翅裏はとてもよく似ているので閉翅している時は迷うこともあるが、開翅したり、飛んでいる時は明るい水色なのですぐにそれと分かる。
f0199866_06451879.jpg

f0199866_06452950.jpg


ルリタテハは小川沿いに2匹いて、よくバトルしている。今回の個体は翅がやや傷んでいる。飛翔撮影にもチャレンジしてみた。
f0199866_06495796.jpg

f0199866_06501184.jpg


同じ小川沿いにウラギンシジミの雌が現れた。
f0199866_06534568.jpg

f0199866_06535682.jpg











# by maximiechan | 2019-03-21 06:54 | 蝶 butterflies | Comments(1)

桜とベニシジミ

コツバメのポイントには早咲きの桜があって、ピンクの花が満開になっている。その桜が生えている所から散策路の階段を数段上って行くと左手に草地が広がっている。その草地でピンクの桜と蝶を絡めた写真を撮れないものかと、ベニシジミやモンキチョウを追いかけ回していたら、ベニシジミがどうにか桜を背景に入れられそうな位置に留まってくれた。

桜とベニシジミ
f0199866_22471864.jpg








# by maximiechan | 2019-03-20 22:49 | 蝶 butterflies | Comments(0)

越冬蝶たち

ここのところヤマトシジミ、コツバメ、ツバメシジミなど新生蝶のラッシュで、「蝶」のカテゴリでは新生蝶を中心に記事を書き続けてきたが、今回の記事は越冬蝶たちだ。今シーズンに入ってから撮りためていたもので、そろそろ記事にしようと思っていた。ところが、一方でネタが少ないかなとの躊躇いもあった。それが、昨日一気にムラサキシジミ雌雄の翅表の他、ルリタテハ、キタキチョウを撮影できて、このタイミングでの記事掲載となった。

ルリタテハ
f0199866_06415489.jpg

f0199866_06420149.jpg
昨日午後3時頃、雲が切れてきて太陽が顔を出すと、狙っていたスギタニルリシジミと共に現れたのがこのルリタテハだった。粘ってよかった。


アカタテハ
f0199866_06445241.jpg

f0199866_06445886.jpg

f0199866_06450322.jpg
ミヤマセセリを探していつもよりも奥に入っていくと木洩れ陽の当たる山道で身体を温めているアカタテハを見つけた。一瞬だったが、馬酔木での吸蜜も見せてくれた。


ムラサキシジミ
f0199866_06482969.jpg

f0199866_06514084.jpg

f0199866_06515473.jpg

f0199866_06520109.jpg

f0199866_06520790.jpg
初冬の暖かい日によく撮影するムラサキシジミ。この時期にも出会いは多いが、雄を見かけることは少ないように思う。それが、昨日は複数の雄を見つけることができた。雌は多かった。


テングチョウ
f0199866_06565681.jpg

f0199866_06570549.jpg

f0199866_07054182.jpg
山間南斜面のポイントに圧倒的に多いのがテングチョウ。吸蜜シーン2枚とヒイラギナンテン留まり1枚を選んだ。


キタテハ
f0199866_06592185.jpg

ヒオドシチョウ
f0199866_07082192.jpg
キタテハとヒオドシチョウはコツバメのポイントで撮影した。


キタキチョウ
f0199866_07003595.jpg

f0199866_07004476.jpg
できればムラサキハナナなどでの吸蜜シーンを撮りたかったが…。


いずれも翅の傷みが少ない綺麗な個体。厳しい冬をどこでどうやって過ごしていたのだろうか。生命の逞しさを感じた。












# by maximiechan | 2019-03-20 07:07 | 蝶 butterflies | Comments(0)

自然・旅行・写真・音楽


by maximiechan
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る