カテゴリ:蝶 butterflies( 749 )

ウスバシロチョウ吸蜜・飛翔など

ウスバシロチョウについての記事は3度目となる。飛翔の撮影は苛々することも多いが、ビシッと決まった時はなんとも言えない快感を味わえる。吸蜜もタンポポ、咲き始めたウツギ、再度のムラサキハナナで撮影することができた。

ウスバシロチョウ飛翔
f0199866_18385365.jpg

f0199866_18362823.jpg

f0199866_18365809.jpg

f0199866_18370913.jpg

f0199866_18374645.jpg

f0199866_18375989.jpg

f0199866_18381779.jpg

f0199866_18382968.jpg

f0199866_18384121.jpg

f0199866_18390403.jpg

f0199866_18391438.jpg

f0199866_18392414.jpg

f0199866_18393540.jpg

ウスバシロチョウ吸蜜
f0199866_18422473.jpg

f0199866_18424188.jpg

f0199866_18425100.jpg

f0199866_18430218.jpg

f0199866_18431346.jpg

f0199866_18434207.jpg

f0199866_18432521.jpg

f0199866_18455839.jpg











by maximiechan | 2019-04-22 18:47 | 蝶 butterflies | Comments(4)

ギンイチモンジセセリ交尾初観察

ギンイチモンジセセリ交尾ペア
f0199866_16535303.jpg


いつも飛んでばかりで苦戦を強いられているギンイチモンジセセリだが、早めに訪問したところ、割と頻繁に留まったり開翅してくれることが分かった。気分よく撮影をしていると「てくてく写日記」のbanyan10さんが来られた。2人で撮影しながら「交尾が撮れたらなぁ」なんて話していたところ、飛んできたギンイチモンジセセリがスッと足元に留まった。ラッキーと思って撮影をしようとしてびっくり。2匹が並んで留まっていて、飛んできた方が腹部を曲げて交尾を迫っていた。傍にいながら気づかなかったもう1匹はどうも羽化直のようで、じっと留まっているだけ。呆気なく雄を受け入れた。

f0199866_16571530.jpg
下に少々前被りがあるが、そんなことには気づかず撮影した最初の1枚。

f0199866_16554325.jpg
邪魔な枯れ枝を静かに退かして撮影した。

f0199866_17022081.jpg
いい感じに体勢を変えてくれた。逆光気味にはなってしまうが、カメラを低く構えて下方から撮影した。

f0199866_17054745.jpg
交尾が解けてその場に残った雌。雄は小飛して近くに留まったが、この雌の次に撮影しようとしたら、姿がなかった。


以下はその他に撮影した本日の写真の中から。
f0199866_17113904.jpg

f0199866_17114776.jpg

f0199866_17115997.jpg

f0199866_17121607.jpg

f0199866_17123095.jpg

f0199866_17124201.jpg












by maximiechan | 2019-04-21 17:19 | 蝶 butterflies | Comments(8)

蝶色々

4月に入ってから撮影した蝶(写真)で、未掲載だったもの。

ルリタテハ
f0199866_19523625.jpg
秩父鉄道のSL PALEO EXPRESSがやってくるのを待っている時に桜に飛んできたルリタテハ。


ミヤマセセリ
f0199866_19534915.jpg

f0199866_19535660.jpg
雌雄とも4月の中旬に県内のコツバメのポイントで撮影した。この時期になってもこんな綺麗な雄がいることに驚いた。


ホソオチョウ
f0199866_19554502.jpg
吸蜜ではないのだろうが、ヒメオドリコソウに留まった。


キタキチョウ
f0199866_19565324.jpg


ツマキチョウ
f0199866_19574249.jpg

f0199866_19580949.jpg

f0199866_19582008.jpg

f0199866_19583078.jpg
なかなか留まらないので、飛翔撮影にも挑戦してみた。


スジグロシロチョウ
f0199866_19594831.jpg
あまり蝶が留まることのないイチリンソウで吸蜜した。


ウスバシロチョウ
f0199866_20011496.jpg

f0199866_20015219.jpg

f0199866_20024140.jpg

f0199866_20025138.jpg

f0199866_20030380.jpg
18日に今シーズン初見・初撮影をしたが、翌日もその場所に行ってみた。やはり留まらず飛んでばかりだった。


ギンイチモンジセセリ
f0199866_20054600.jpg

f0199866_20055466.jpg

f0199866_20060081.jpg
こちらもなかなか留まらないし、踏み込めないような場所に入られてしまうので、これだけ撮影するのでも相当苦労した。













by maximiechan | 2019-04-20 20:10 | 蝶 butterflies | Comments(8)

アゲハチョウとキアゲハ

ウスバシロチョウを狙っている時、ムラサキハナナに訪花したアゲハチョウとキアゲハ。

アゲハチョウ
f0199866_17540809.jpg

f0199866_17541976.jpg

f0199866_17542786.jpg

f0199866_17543503.jpg

f0199866_17544372.jpg

f0199866_17545002.jpg

f0199866_17545658.jpg


キアゲハ
f0199866_17551543.jpg

f0199866_17552309.jpg

f0199866_17552923.jpg

f0199866_17553629.jpg

f0199866_17554467.jpg












by maximiechan | 2019-04-19 17:56 | 蝶 butterflies | Comments(0)

ウスバシロチョウ

今日は暖かいを通り越して暑いくらいの陽気になった。午前中は河川敷でギンイチモンジセセリを狙った。数は増えていたが、その陽気のせいか飛び続けるばかりで、撮影できたのは数カットのみだった。もう一つ期待していたツバメシジミ青雌も見つからなかった。

そして正午を回った頃、いつものポイントに行ったところ、ツマキチョウの吸蜜を期待できる場所の近くにウスバシロチョウが飛んできた。ならばと、例年ウスバシロチョウが多数飛び交う場所に移動すると、「Koriel's Macro Photo」のKorielさんが来られていて、立ち入れない場所に咲くタンポポで吸蜜しているウスバシロチョウにレンズを向けていた。その辺りには数匹のウスバシロチョウが確認できた。しかし、午前中のギンイチモンジセセリ以上に留まるのは期待薄だったため、珍しく飛翔撮影で写し止めることにした。これは偶然にもどうにか見られる写真が撮れた。その飛翔用にセットしたカメラの時にムラサキハナナで吸蜜した個体があったが、セッティングを変えようとしているうちに逃げられてしまった。その時一緒に撮影していた「てくてく写日記」のbanyan10さんは撮影できたかもしれない。その後、皆さんが帰られてからも一人粘っていたが、草に降りたところを見つけて駆け寄ってどうにか2カット、ほんの一瞬ではあったが、再び同じ場所のムラサキハナナに訪花した個体があり、それを1カットだけ撮影できた。

ウスバシロチョウ
f0199866_18223307.jpg

f0199866_18224434.jpg
このタンポポは前述のものではなく、これも立ち入れない場所に咲いていた。ここでは何回か吸蜜シーンがあったが、かなり遠かった。という訳で、これはかなり大きく切り出した写真だ。

f0199866_18261122.jpg

f0199866_18261887.jpg











by maximiechan | 2019-04-18 18:30 | 蝶 butterflies | Comments(6)

ヒメウラナミジャノメってこんなに綺麗だったの

昨日ギンイチモンジセセリを撮影した後、いつもの蝶のポイントに移動した。強風を避けられる場所で、暖かい日差しの下、ツマキチョウなどを狙っていた。すると、銀白色に見える蝶が降りてきた。その前にもウラギンシジミが何回か地面に降りてきていたので、またかなと思って近寄ったら、今シーズン初見のヒメウラナミジャノメだった。いつもはスルーしてしまう、あまりに多く、しかもあまり綺麗とも思えない蝶だが、初見は記録しておこうとレンズを向けた。そして、ファインダーを覗いてびっくり。

ヒメウラナミジャノメ
f0199866_07150187.jpg
八重山に生息するマサキウラナミジャノメは以前からとても美しいと思っていたが、今回の撮影で、この蝶も綺麗なんだなと認識を新たにした。











by maximiechan | 2019-04-16 07:21 | 蝶 butterflies | Comments(2)

ギンイチモンジセセリ

里山便り」のmorrieさんが県内の荒川でギンイチモンジセセリを撮影して、その記事を昨日掲載された(本日も続きの記事が掲載されていた)。

数日前にギンイチモンジセセリを探した時は見つからなかったけど、今日はきっと見つかるだろうと、自分のお気に入りのポイントに出かけた。最初一歩きした時は他の蝶もあまり飛んでいなかったが、車を停めた所に戻る途中で遂に1匹を確認した。この蝶は飛び続けることが多く、更に枯れた葦の生い茂るような場所にいるので、見つけても追いかけることが難しい。従って証拠を押さえることもなかなか困難なのだ。それでも必死に追いかけて、どうにか撮影が叶った。その後、雌も含めて数匹を確認した。本日もう一つ撮影を難しくしていたのは兎に角風が強かったこと。留まってくれた蝶もぶるぶる揺れていたし、何かの拍子で飛ばれると、あっという間に風に流されて何処かに消えてしまった。

ギンイチモンジセセリ雄
f0199866_20164560.jpg

f0199866_20165493.jpg

f0199866_20170356.jpg

f0199866_20171094.jpg

ギンイチモンジセセリ雌
f0199866_20173521.jpg

f0199866_20174276.jpg

f0199866_20175221.jpg

f0199866_20180269.jpg

f0199866_20181279.jpg










by maximiechan | 2019-04-15 20:21 | 蝶 butterflies | Comments(6)

ホソオチョウ交尾ペア

7日(日)SLを長瀞手前まで追いかけて撮影した後、帰宅途中にコツバメ等の撮影でよく訪れているポイントに寄ってみた。

今回はそのポイントで出会ったホソオチョウのこと。

最初に見かけたホソオチョウは、例年たくさんの個体が見られる場所ではなかったので、ウスバシロチョウかと勘違いしてしまった。ウスバシロチョウだとすると早い発生だ、是非とも証拠を押さえようとカメラを構えた。そして近くに飛んできたのを見ると勘違いしていたことに気づいた。結局その子は休むことなく飛び続け、遥か彼方に姿を消した。その後、ご夫妻で来られていた「小畔川日記」のダンダラさんから例年の場所でホソオチョウが発生していて、しかもさっきまで交尾ペアを撮影していたと聞いた。そしてありがたいことに交尾ペアのいた場所まで連れて行ってもらった。

ホソオチョウ交尾ペア
f0199866_20181729.jpg

ホソオチョウ雄
f0199866_20183781.jpg

ホソオチョウ雌
f0199866_20190372.jpg
単独雌はなかなか見つけられず、ダンダラさんご夫妻が撮影していたのを譲ってもらった。


その後、「里山便り」のphotobikersさんも来られて、交尾ペアを撮影されていたが、交尾が解けそうだと声がかかった。

交尾を解こうともがいていた雄
f0199866_20233469.jpg

交尾が解けた後そのまま身動きせずにいた雌
f0199866_20242734.jpg


現地では「てくてく写日記」のbanyan10さんともお会いした。皆さんお世話になり、ありがとうございました。










by maximiechan | 2019-04-09 20:30 | 蝶 butterflies | Comments(6)

トラフシジミ桜吸蜜

先日、神奈川ギフのポイントに訪れた際、ギフチョウ以外でも嬉しい出会いがあった。里のポイントでマメザクラに来るギフチョウを待っていた時、吸蜜しているトラフシジミがいることに気づいた人がいて、周囲の人たちに教えくれた。

マメザクラで吸蜜するトラフシジミ
f0199866_22422039.jpg

f0199866_22423022.jpg










by maximiechan | 2019-04-08 22:43 | 蝶 butterflies | Comments(2)

スギタニルリシジミ開翅・吸水・吸蜜

午前中は秩父鉄道のSL PALEO EXPRESSを広瀬川原車両基地近くの荒川堤防で桜と絡めて撮影した。その撮影を終えてから秩父方面の渓谷に行ってスギタニルリシジミを撮影した。

本日のベスト
f0199866_20513810.jpg

雄の発生最盛期のようで、新鮮な雄が沢山飛んでいた。中には飛び方が弱々しく、すぐに地面に留まってしまうのもいた。そして時折枝や葉などにも留まった。
f0199866_20320158.jpg

f0199866_20331737.jpg

f0199866_20332715.jpg

f0199866_20333927.jpg

f0199866_20372656.jpg

f0199866_20392262.jpg

開翅は一度だけ目撃し、どうにか撮影もできた。
f0199866_20475848.jpg

散策路には所々水が滲み出ている場所があり、そこでは吸水も観察できた。
f0199866_20353195.jpg

f0199866_20355690.jpg

f0199866_20360912.jpg

f0199866_20411180.jpg

今回はとっても嬉しい吸蜜シーンを撮影できた。ここでは午後遅くなってくるとセントウソウでの吸蜜をよく目にするが、色々な山野草が生えているので時折違う花にも留まって吸蜜してくれることがある。嬉しかったのはヒトリシズカでの吸蜜。以前も撮影したことはあるが、今回は絵的に満足できた。またアズマイチゲでの吸蜜も初めて目撃した。
f0199866_20444901.jpg

f0199866_20450037.jpg

f0199866_20450746.jpg

f0199866_20451644.jpg

f0199866_20452750.jpg

f0199866_20453444.jpg

f0199866_20454508.jpg

f0199866_20455352.jpg
最後の1枚はその前の写真で吸蜜している花が何だか分かりにくいので説明用に載せた。因みに今回の吸蜜写真はいずれも同一個体。











by maximiechan | 2019-04-06 21:01 | 蝶 butterflies | Comments(6)

自然・旅行・写真・音楽


by maximiechan
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る