カテゴリ:蝶 butterflies( 705 )

ヤマトシジミ青雌 他

クロツバメシジミを撮影したツメレンゲの咲く場所でヤマトシジミの青雌を見つけた。

f0199866_14213801.jpg

f0199866_14215000.jpg

そこではウラナミシジミの吸蜜も撮影できた。

f0199866_14220700.jpg

f0199866_14221575.jpg

f0199866_14222101.jpg

入間基地近くにある公園の駐車場に車を停めた時、そこの生垣にウラギンシジミがいた。

f0199866_14243088.jpg

f0199866_14251281.jpg








by maximiechan | 2018-11-13 14:28 | 蝶 butterflies | Comments(2)

クロツ日和

後日掲載する予定の秩父鉄道の撮影に秩父に行った序でにクロツバメシジミのポイントにも寄ってみた。

その日は晴天で気温は18℃。ポイントに着くと多くの蝶が飛び回っていた。本命のクロツバメシジミの他にもヤマトシジミ、キタキチョウ、アカタテハ、テングチョウ、ウラナミシジミなど。クロツバメシジミは壁面や枯葉に留まることが多かったが、時々ツメレンゲの花で吸蜜してくれることもあった。また、産卵らしい行動や交尾も観察できた。新鮮個体も多かったので、晴れて暖かい日ならまだ暫くはその姿を見ることができそうだ。

クロツバメシジミ
f0199866_20465195.jpg

f0199866_20470095.jpg

f0199866_20470889.jpg

f0199866_20473246.jpg

f0199866_20473989.jpg

f0199866_20474500.jpg

f0199866_20475284.jpg

f0199866_20475783.jpg

f0199866_20480504.jpg









by maximiechan | 2018-11-12 20:49 | 蝶 butterflies | Comments(6)

都会のアオスジアゲハ

写真1枚だけの投稿。

先日、桜の時期に期待している都内の撮り鉄ポイントを再訪した。その時にカメラを構えていた場所のすぐ側にアオスジアゲハが飛んできてヤブガラシで吸蜜をはじめた。電車の方も気になったが、都会に生きる蝶の姿も面白いかなと思って、さっと近寄ってシャッターを切った。うまい具合に高層の建物も写り込んでくれた。

f0199866_09055925.jpg








by maximiechan | 2018-10-18 09:07 | 蝶 butterflies | Comments(0)

ツマグロキチョウに絡むキタキチョウ

先日、河川敷で探蝶した時にツマグロキチョウの飛び出しを狙っていたら、キタキチョウが一瞬絡んできた。その時の写真を時系列で11枚掲載する。約0.2秒間の出来事だ。

f0199866_17195801.jpg

f0199866_17200862.jpg

f0199866_17201687.jpg

f0199866_17202497.jpg

f0199866_17203263.jpg

f0199866_17203796.jpg

f0199866_17204432.jpg

f0199866_17205037.jpg

f0199866_17205671.jpg

f0199866_17210283.jpg

f0199866_17211008.jpg








by maximiechan | 2018-10-14 17:21 | 蝶 butterflies | Comments(2)

カワラノギクとツマグロキチョウ

再び河川敷の希少3種の撮影に出かけた。

ミヤマシジミもシルビアシジミも複数個体を確認できたが、見かけたものはいずれもボロだったので殆ど撮影はしなかった。ツマグロキチョウは吸蜜と飛び出しを沢山撮影することができた。そんな中でも、希少なカワラノギクでの吸蜜を撮影できたので、今回はその写真を掲載したい。

ツマグロキチョウの一番お気に入りの吸蜜源はセンダングサの仲間だ。次はキツネノマゴかな。カワラノギクに訪花して吸蜜する個体は殆どいないが、その味を覚えた個体は続けて訪花しているように思える。

そんな訳でツマグロキチョウの吸蜜シーンは圧倒的にセンダングサの仲間が多くなる。カワラノギクに訪れる個体はいないかと行ったり来たり様子を見ていても、なかなかそんな個体はいなくて、せめて背景にでもなんて思って次のような写真を撮ってみた。

f0199866_07205426.jpg

そんな時、遂にカワラノギクに訪花した個体を発見。

f0199866_07232448.jpg

しかし、この個体はこれっきりだった。

仕方なくカワラノギクの花にレンズを向けた。

f0199866_07245477.jpg

f0199866_07250216.jpg

その後、飛び出しの写真を撮っていたが、暫くしてカワラノギクに固執して吸蜜する個体を見つけ出すことができた。

f0199866_07262618.jpg

f0199866_07263598.jpg

f0199866_07264641.jpg

f0199866_07265426.jpg

その日の撮影をそろそろ終了しようとした時、もう1匹だけカワラノギクで吸蜜している個体を見つけた。

f0199866_07285372.jpg









by maximiechan | 2018-10-09 07:30 | 蝶 butterflies | Comments(4)

秋の河川敷で

爽やかな秋晴れの日に河川敷で探蝶した。


ツマグロキチョウ
f0199866_22202181.jpg

f0199866_22204134.jpg

f0199866_22205204.jpg

f0199866_22211507.jpg

f0199866_22213025.jpg

f0199866_22213838.jpg
ツマグロキチョウはとても数が多かった。ポイントに足を踏み入れた途端に交尾ペアが飛び出した。条件がよかったようで、多くの個体が盛んに吸蜜していた。


ヒメアカタテハ
f0199866_22235913.jpg

f0199866_22240754.jpg
なかなか綺麗な蝶だと時々思う。薊の仲間に固執して吸蜜していた。


シルビアシジミ
f0199866_22263019.jpg

f0199866_22264137.jpg

f0199866_22265032.jpg

f0199866_22265778.jpg

f0199866_22270767.jpg
雄は新鮮個体を何匹か見かけたが、撮影できたのはこの子だけ。ボロは雌雄共にかなり見かけたが、レンズは殆ど向けなかった。


ウラナミシジミ
f0199866_22301269.jpg

f0199866_22302099.jpg

f0199866_22302814.jpg
一際元気に飛び回っていたのはウラナミシジミ。センダングサの仲間がお気に入りのようだった。


ミヤマシジミ
f0199866_22331722.jpg

f0199866_22332458.jpg

f0199866_22333212.jpg
一番個体数の多い場所では雌雄共にボロしか見つからなかった。帰りにちょっと寄ってみた場所で新鮮な雌を1匹だけ見つけた。青鱗粉がやや目立つ個体だ。










by maximiechan | 2018-10-02 22:36 | 蝶 butterflies | Comments(4)

彼岸花とナガサキ&モンキアゲハ

秩父鉄道のSLを撮影した後は、先日アゲハとカラスアゲハを撮影した彼岸花の群れ咲く場所に移動した。秩父より天気はよかったが曇りがちで、目的のアゲハ類の飛んでいる姿も目に入らなかった。それでもカメラを持って歩き出すと、なんと全く死んだように動かないで彼岸花に留まっているナガサキアゲハの雄を見つけた。それでもストローは伸ばしていて、じっと見ていると時々少し翅をパタパタさせることもあった。横からもと思って動いたら急に飛び立ってしまった。その後、同じ方面で探蝶していた蝶友さんと合流して、蝶友さんのよく撮影しているというポイントを案内していただいた。そこでもナガサキアゲハを数匹見かけ、ボロではあったが雌の撮影ができた。再び元の場所に戻って蝶友さんが帰られて暫くすると、ナガサキアゲハ雄が飛んできた。更にもう1匹黒系のアゲハが飛んできた。遠くからでも白い斑点がはっきりと見えた。少し翅が傷んでいるのは残念だったが、遂に彼岸花では初となるモンキアゲハを撮影することができた。

ナガサキアゲハ雄
f0199866_06153458.jpg

ナガサキアゲハ雌
f0199866_06160295.jpg

ナガサキアゲハ雄
f0199866_06161956.jpg

f0199866_06163659.jpg

f0199866_06171805.jpg

f0199866_06174678.jpg

モンキアゲハ
f0199866_06180629.jpg

f0199866_06181432.jpg









by maximiechan | 2018-09-24 06:19 | 蝶 butterflies | Comments(2)

クロツに苦戦

用事がキャンセルになって時間ができたので、県内のクロツバメシジミのポイントに出かけた。

ポイントに着くと採集者がいたのでがっかり。飛んでいるのはヤマトシジミばかりだった。やっと見つけたクロツバメシジミはカメラを向けるとパッと飛び立って崖の上に飛んでいってしまった。採集者が去った後も暫くはクロツバメシジミを見つけられなかったが、高い所に咲く花で何かが吸蜜しているのを見つけた。もしやと手を伸ばして闇雲に撮影し、モニターで確認すると、その何かは待望のクロツバメシジミだった。それをダメ元で更に撮影すると、どうにか何枚かきちんと写っていた。擦れた個体であるのは残念だったが、惨敗は免れてホッとした。その後、その子が飛んで蔦の葉に留まったところも撮影できた。更に暫くして黒々とした飛翔体が崖の上から飛んできたのを見つけた。これは新鮮なクロツバメシジミだと思って必死で追いかけ、やっと留まったところを撮影。よく見ると縁毛に少し乱れがあるので、完全な新鮮個体ではなかったが、こんな厳しい状況下でも粘ってよかったと安堵した。

クロツバメシジミに苦戦しながら、たくさん飛んでいたヤマトシジミ、1匹だけ見つけたツバメシジミも撮影した。また、求愛しているイチモンジセセリも見つけたのでレンズを向けた。

クロツバメシジミ
f0199866_06491170.jpg

f0199866_06492096.jpg

f0199866_06492803.jpg

f0199866_06493635.jpg

f0199866_06494227.jpg

ヤマトシジミ
f0199866_06500928.jpg

ツバメシジミ
f0199866_06502750.jpg

イチモンジセセリ
f0199866_06504338.jpg








by maximiechan | 2018-09-19 06:55 | 蝶 butterflies | Comments(2)

彼岸花とカラスアゲハ

昨日の記事の続き。

自分が選んだ彼岸花の群れ咲く所に唯一飛んできてくれた黒系アゲハはカラスアゲハだった。かなりお腹を空かせていたようでずっと吸蜜していた。それでもなかなか思うようには撮影させてくれなかった。

f0199866_20563815.jpg

f0199866_20565584.jpg

f0199866_20575148.jpg

f0199866_20580021.jpg

f0199866_20580772.jpg

f0199866_20581862.jpg






by maximiechan | 2018-09-18 20:58 | 蝶 butterflies | Comments(2)

彼岸花とアゲハ

一昨日撮り鉄目的で神奈川県の秦野に出かけたら、その場所では彼岸花が既に萎れているものもあった。そんなに早く季節が進んでいることにびっくりした。

本日は県内の山里へ彼岸花と黒系のアゲハを撮影しようと出かけた。黒系のアゲハはカラスアゲハを撮影できたが、他の黒系アゲハは全く見かけなかった。その代わり、普通のアゲハが好い被写体になってくれた。普通のアゲハはなかなか撮影のチャンスがないので、今回はたくさんの写真が撮れて嬉しかった。

アゲハ
f0199866_19574040.jpg

f0199866_19574892.jpg

f0199866_19580583.jpg

f0199866_19581452.jpg

f0199866_19582137.jpg

f0199866_19582820.jpg

f0199866_19583679.jpg

f0199866_19584227.jpg

f0199866_19585064.jpg

f0199866_19585726.jpg

f0199866_19590579.jpg







by maximiechan | 2018-09-17 19:59 | 蝶 butterflies | Comments(6)

自然・旅行・写真・音楽


by maximiechan
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る