タグ:B747-8 ( 12 ) タグの人気記事

思い通りにならない撮り空

天気予報を見て南風が期待された日、新千歳空港からJA602Jが羽田空港に飛んでくる予定になっていた。JA602Jはミッキーが機体に描かれたJAL DREAM EXPRESS 90だ。この飛行機はなかなか巡り会えなかったし、写真もまだまだ満足のいくものは撮れていない。そこで、この日は城南島に行って、着陸直前の姿をと意気込んだ。更にルフトのB747-8も撮れるだろうと期待していた。ところが現地に着くと、天気予報ではとっくに南風に変わっている時間だったのに北東の風が吹いていて、当然のことながら離発着は北風運用。城南島は北風運用では離陸していく飛行機を撮影しようにも逆光になり、旋回し始めるとどうにか光は良くなるものの殆どお尻を後追いする形での撮影となってしまい、自分としては全く面白くないのだ。そのうち、JA602Jが到着する時間となってしまい、遥か彼方B滑走路に着陸するのが見えた。それから間も無く風が明らかに変わり、滑走路の運用が変わった。これでルフトは撮影できると思ったら、航空機リアルタイム追跡アプリを見ると、なんと海上のD滑走路の方に向かっているのが分かった。その日は他の飛行機を少々撮影して早々と退散した。

f0199866_08363041.jpg

f0199866_08363745.jpg

f0199866_08364462.jpg

f0199866_08365346.jpg

f0199866_08365943.jpg


別の日。またまたJA602J狙いで羽田空港に向かった。この日は福岡空港から正午少し過ぎに羽田空港に飛んでくる予定だった。北風予報だが、午後はちょっと微妙だった。それでも北風運用を信じて向かったのは午後の日差しを受けて素晴らしい着陸直前の姿が撮影できる多摩川沿いのポイント。30分ほど前にそこに着いて3機で肩慣らし。さあいよいよだと思っていたら、着陸態勢に入っていた飛行機が上昇して上空を飛び去っていった。あれっと思っていると次の飛行機も。そして後続が来ない。確かに風が変ではあったが、D滑走路を見ると北風運用のままだ。何か変だと思ってアプリを見ると、A滑走路に整備の車が走行している様子。原因は分からないが滑走路にトラブルがあったようだ。そのうち、遥か彼方にJA602Jが視認できたが、普通だったらあり得ないC滑走路に進入していった。またチャンスを逃してしまった。その直後に運用が戻った。なんと運の悪いこと。この日のルフトは新しい塗装のD-ABYA。それはC滑走路に着陸するのが普通なので仕方ないが、その少し後にC滑走路に降りていった。ここで少し撮影をしてから2タミの展望デッキに移動してD-ABYAの離陸を待った。その離陸までにアメリカン航空のB787-9などを撮影した。

f0199866_08594956.jpg
上空を飛び去っていったJALのB737-800。滅多に撮影できない貴重な姿。そんな意味ではJA602Jは撮れなかったが、運が良かったのかもしれない。

f0199866_09020769.jpg

f0199866_09022139.jpg

f0199866_09023039.jpg

f0199866_09024847.jpg

f0199866_09025461.jpg

f0199866_09025945.jpg

f0199866_09030724.jpg

f0199866_09031460.jpg

f0199866_09032395.jpg
離陸に向けた滑走はきちんと撮れたが、離陸していく姿は空気の揺らぎが酷くて全部没だった。











by maximiechan | 2019-03-15 09:05 | 飛行機 airplanes | Comments(0)

まだまだLH D-ABYT

昨日、羽田空港で飛行機を撮影しようと決めた最大の要因は、フランクフルトから羽田に向かっていたLH716便の機材がD-ABYTであると確認できたこと。今までにも何回もD-ABYTを撮影しているが、まだまだ満足のいくシーンが撮れていない。今回は、A滑走路に降りてくれると期待して多摩川沿いのポイントでその飛来を待ったが、降りたのはC滑走路だった。それでも進入してくるのは見えるし視程もよかったので、取り敢えずは撮影もしてみた。その写真は期待以上に鮮明に写っていた。それから暫くして国際線ビル展望デッキに移動し、既に掲載したJAL DREAM EXPRESS 90やR2-D2 ANA JETなどを撮影しながら、D-ABYTがLH717便としてフランクフルトに向けて飛び立つのを待った。その撮影はいつもなら2タミ展望デッキだが、前述の2機の撮影との関係で移動する時間がなかったので、そのまま国際線ビル展望デッキからとなった。滑走シーンを狙えなかったり、遠くなる分、写真の鮮明さに欠けるなどのマイナス面もあるが、結果としては、いつもと違うシーンが撮れて面白かった。

C滑走路に進入していくD-ABYT
f0199866_17133426.jpg

国際線ビル展望デッキから撮影したD-ABYT
f0199866_17144438.jpg

f0199866_17152740.jpg

f0199866_17153685.jpg

f0199866_17154346.jpg

f0199866_17155184.jpg









by maximiechan | 2019-02-15 17:16 | 飛行機 airplanes | Comments(2)

カタール アミリ フライトの飛行機3機

1月28日(月)にカタールのタミーム首長が来日した。そのことは羽田空港で撮影した飛行機の写真を投稿するサイトに見慣れぬカタールの飛行機の写真があったことをきっかけに知ることとなった。それから慌てて外務省のホームページからタミーム首長の訪日日程を調べたら30日(水)に帰国することになっていた。

そうなると本日30日は羽田空港に行くしかなかった。

カタール アミリ フライトのB747-8(A7-HHE)とA319(A7-HHJ)が駐機している場所は投稿された写真からすぐに分かった。

f0199866_21402947.jpg

f0199866_21404594.jpg

f0199866_21405772.jpg


その撮影後は、その両機が日中の明るいうちに飛んでくれることを願いながら、2タミの展望デッキで他の飛行機を撮影していた。明るいうちとは、一応定刻15:20発のLH717便(ルフトハンザドイツ航空の羽田ーフランクフルト)が離陸するまでとした。そのLH717便(本日はD-ABYR)の予定出発時刻1時間前にカタール アミリ フライトの別の飛行機が滑走路に姿を現した。それは、A340-300(A7-AAH)だった。

f0199866_21434737.jpg

f0199866_21435705.jpg

f0199866_21440719.jpg

f0199866_21441566.jpg

f0199866_21442715.jpg

f0199866_21444179.jpg

f0199866_21444968.jpg

これを撮影できたことは大変嬉しかったが、本命はB747-8(A7-HHE)だった。その機体は結局LH717便の離陸(15時40分頃)までに姿を現さなかった。カメラマンはその頃になっても続々と集まってきていたので、ちょっとだけ時間延長して16時まで粘ったが、残念ながら駄目だった。








by maximiechan | 2019-01-30 21:49 | 飛行機 airplanes | Comments(0)

ルフトに拘って

ここ一月くらいの間に羽田空港で撮影したルフトハンザドイツ航空の飛行機。


フランクフルトー羽田便に使用されているジャンボ機はB747-8。存在感抜群だ。

レトロ塗装機のD-ABYTその1
f0199866_06473462.jpg
後ろに写っている船は南極観測船として活躍した「しらせ」だ。偶然の産物。

レトロ塗装機のD-ABYTその2
f0199866_06493724.jpg
B滑走路に着陸後、エプロンへの移動の途中。RR社製のエンジンに不具合が見つかったANAのB787がエンジンを降ろされて駐まっているのが見える。

f0199866_06532400.jpg

f0199866_06534278.jpg

レトロ塗装機のD-ABYTその3
f0199866_06544140.jpg
国内線第2旅客ターミナルから入れるP4アネックスの屋上から離陸を狙った。

5スターハンザ塗装のD-ABYM
f0199866_06591820.jpg

f0199866_06593124.jpg

f0199866_06594361.jpg
生憎の天気だったが、城南島に出かけて着陸してくるところを狙った。

f0199866_07004465.jpg

f0199866_07005606.jpg
城南島から国内線第2旅客ターミナル展望デッキに移動して離陸を撮った。

従来塗装のD-ABYR
f0199866_07054701.jpg
東京ゲートブリッジ背景での撮影。この日は北風運用でC滑走路に降り、Uターンして目の前を通ってくれた。

f0199866_07090395.jpg
その数時間後、フランクフルトに向けての滑走。


ミュンヘンー羽田便ではA340-600も使用されているが、A350-900を2回撮影した。

従来塗装のD-AIXF
f0199866_07152587.jpg

f0199866_07153359.jpg
離陸地点と上昇角度がうまく合って、東京ゲートブリッジ背景と東京スカイツリー背景の両者を撮影できた。

新塗装のD-AIXI
f0199866_07194890.jpg

f0199866_07195737.jpg

f0199866_07200589.jpg
このD-AIXIとD-AIXJの2機が新塗装なのかな。随分前から飛来していたが、この日が初撮影だった。※追記:本日羽田に向かっているD-AIXKも新塗装だ。









by maximiechan | 2018-08-26 07:23 | 飛行機 airplanes | Comments(2)

桃の節句の撮り空 パート3(LH D-ABYA)

ルフトハンザドイツ航空のD-ABYAは、我がブログを見返してみたら2016年の8月の記事に掲載されていた。勿論、その時は普通塗装だった。今回は、なんとも洗練されたデザインに塗り替えられた。よく見ると2階部分が終わる辺りに五輪のマークとTEAM Dという字が入っている。この塗装に塗り替えられてから日本に初めてやってきたのは2月21日。その時の写真を見つけて、是非とも撮影したいと思ったのだ。そして、そんなに待たずに再び羽田空港にやってきたのが桃の節句の日。国際線ターミナルビル展望デッキはそれ目当てと思われる撮り空さんでいつも以上に賑わっていた。

LH B747-8(D-ABYA)
f0199866_21190390.jpg

f0199866_21191661.jpg

f0199866_21193508.jpg

f0199866_21194255.jpg

f0199866_21195008.jpg

f0199866_21195683.jpg

f0199866_21200356.jpg

f0199866_21201007.jpg

f0199866_21202354.jpg

f0199866_21203285.jpg

f0199866_21204077.jpg

撮影は、直前にA滑走路に着陸、この飛行機の前をタキシングして国際線ターミナルにやってきた中国東方航空のA330-300に邪魔された。その機体が画面内に写り込んでしまうだけでなく、排気による揺らぎの影響も痛かった。兎に角写しまくった。









by maximiechan | 2018-03-08 21:29 | 飛行機 airplanes | Comments(0)

城南島でD-ABYTを撮る

城南島に移動してB滑走路へ進入していく飛行機を撮影した。

一番の狙いはLHのD-ABYTだった。南風運用ではB滑走路とD滑走路が着陸に使われる。どちらに降りるかは運次第だが、今回はそのD-ABYTだけでなく、NUの新型ジンベエジェットもゲットすることができた。

NH B787-8
f0199866_21025500.jpg

f0199866_21030538.jpg

JA801Aは、ANAが2011年9月25日に世界で初めて受領し、商用運航を実施したB787。特別塗装が施されていたが、昨年、普通塗装に塗り替えられた。


EH B737-500
f0199866_21071314.jpg

エンジンにイルカのロゴが入っているANAウィングスのB737-500で、エアーニッポンから移管した機体。


BC タイガースジェット B737-800
f0199866_21110610.jpg


NH B787-8
f0199866_21122544.jpg

この機体JA802Aは801Aに次いで導入された、やはり特別塗装が施されていた機体。


JL B777-200
f0199866_21154915.jpg


7G A320-200
f0199866_21181357.jpg


LH B747-8
f0199866_21183587.jpg

f0199866_21184281.jpg


NU 新型ジンベエジェット B737-800
f0199866_21195261.jpg

f0199866_21200160.jpg

f0199866_21200905.jpg









by maximiechan | 2018-03-02 21:22 | 飛行機 airplanes | Comments(2)

国際線ターミナルビル展望デッキで

HELLO 2020 JETを撮影した日の羽田空港の記事を更に続ける。

HELLO 2020 JETを撮影が叶った後、昼食を食べてから国際線ターミナルビル展望デッキに移動した。そこでの狙いは先に離陸のことを記事にしてしまったが、再び羽田空港に向かっていることが確認できたLHのD-ABYTとJTAの新型ジンベエジェットだった。それらの他にミュンヘンに向かうLHのA350-900や中国東方航空のダサいA330-300なども撮影した。

Dassault Falcon 7X
f0199866_20221114.jpg


MU A330-300
f0199866_20231531.jpg

f0199866_20232335.jpg


LH A350-900
f0199866_20235153.jpg

f0199866_20240348.jpg

f0199866_20241075.jpg

f0199866_20241725.jpg


LH B747-8(D-ABYT)
f0199866_20251366.jpg

f0199866_20252332.jpg

f0199866_20253125.jpg

f0199866_20253759.jpg

f0199866_20254560.jpg

f0199866_20255427.jpg


NU B737-800(新型ジンベエジェット)
f0199866_20265786.jpg

実は、この新型ジンベエジェットについては、新年早々に羽田空港A滑走路に進入してくるところを多摩川沿いのポイントで撮影していた。
f0199866_20300093.jpg










by maximiechan | 2018-02-14 20:30 | 飛行機 airplanes | Comments(2)

C滑走路離陸シーン

前の記事のHELLO 2020 JETを撮影した日、国内線第2ターミナルビル展望台から撮影した離陸していく飛行機たち。

BA B777-300
f0199866_20062480.jpg


JL B777-300
f0199866_20075847.jpg


BC B737-800
f0199866_20120564.jpg


HD B767-300(ベア・ドゥ北海道JET)
f0199866_20155288.jpg


JL B777-200
f0199866_20180133.jpg

f0199866_20181145.jpg


NH B777-200
f0199866_20194297.jpg


JL B777-200
f0199866_20215098.jpg


LH B747-8(D-ABYT)
f0199866_20233831.jpg

f0199866_20234668.jpg

f0199866_20235389.jpg

f0199866_20235932.jpg

f0199866_20240588.jpg
この日は、前回からたったの2週間でD-ABYTがやってきた。展望デッキのどの位置から撮影するか大いに悩んだが、北側のほぼ先端で撮影した。実は前日はまだ撮影したことのない特別塗装機D-ABYIだったが、体調がイマイチだったので撮影に行くのを断念した。










by maximiechan | 2018-02-13 20:34 | 飛行機 airplanes | Comments(2)

待望のLH D-ABYT

本日は、3月引退が発表された上越線の115系を撮影しようと計画していた。ところが、朝起きてから気になる飛行機のチェックをしていたら、ルフトハンザドイツ航空LH0716便の使用機材がD-ABYTであることが分かり、本日の予定を急遽撮り空に変更することにした。

D-ABYTはB747-8の特別塗装機で、その存在を知ってから羽田空港に来るのを待ち望んでいた。数ヶ月前からはその機材番号を飛行機のリアルタイム追跡サイトに登録しておいて、殆ど毎日チェックしていた。しかし、ブラジルのサンパウロやアルゼンチンのブエノスアイレス、アメリカ合衆国のニューヨークやワシントンなどに飛ぶことが多く、羽田に来ることはなかった。それが遂に羽田空港に向かって飛んでいることが確認でき、朝からワクワクドキドキだった。

初見・初撮影なので、その姿をほぼ確実に撮影することができる、国際線ターミナルビル展望デッキで待ち構えることにした。実際には色々と障害もあったが、取り敢えず証拠撮影はできた。

f0199866_22475673.jpg

f0199866_22480690.jpg

f0199866_22481370.jpg

f0199866_22482434.jpg

2枚目の写真、JALの整備工場の上にC滑走路に進入してきた飛行機が写っている。なんと政府専用機だ。

フランクフルトへ向かうLH0717便は、第2ターミナルビル展望デッキで待っていた。定刻を過ぎてもなかなか姿を現さないのでやきもきしていると、あろうことか滑走路の運用が南風運用に変更になった。殆どのカメラマンは大慌てで南側のデッキに走っていった。自分もそうしようかと思ったが、北側を見ると滑走路に向かう本命の姿が見えた。覚悟を決めた。

f0199866_23043167.jpg

f0199866_23044241.jpg

f0199866_23045043.jpg

f0199866_23045624.jpg

f0199866_23050342.jpg

f0199866_23050986.jpg

少し前から太陽が顔を出してくれた。色々と厳しい状況ではあったが、そんな中では上出来の写真が得られた。











by maximiechan | 2018-01-28 23:08 | 飛行機 airplanes | Comments(0)

JTA新型ジンベエジェット初撮影 他

JTAの新型ジンベエがデビューして約2ヶ月経った12月下旬、やっと陽射しのある時間帯に羽田に飛んできたところを撮影できた。

3機あるジンベエジェット(さくらを含む)の運用を暫くチェックしていたら、石垣を出発して22時に羽田に着くNU076便で使用されると、翌日は6時30分発のNU071便で石垣に戻り、NU070便で再び13時30分に羽田に飛んできて、またNU073便として14時15分に石垣に向けて飛び立つという一定のパターンがあることが分かった。

撮影が叶った前の晩は、新型ジンベエジェットがNU076便で羽田にやってきたことが確認できた。期待が膨らみ、当日は朝からリアルタイム追跡サイトで新型ジンベエジェット(機体記号JA05RK)の動きをチェックしていた。そして、11時頃NU070便で羽田に向けて飛行していることが確認できたため、昼食後 A滑走路着陸への進入シーンが撮影できるポイントに向かった。

ポイントに着いてすぐJAL機を撮影してから、次に飛んでくる飛行機を遠目で確認するとエンジンが4つあった。最初は何か分からなかったが、近づいてくるとルフトハンザのB747-8であることが分かりドキドキしてしまった。このポイントでは初めてのことだった。

f0199866_20103882.jpg

f0199866_20104521.jpg

その後暫くして、着陸態勢に入っていた飛行機が2機続けて再び上昇して頭上を飛び去っていった。

f0199866_20111183.jpg

f0199866_20111998.jpg

f0199866_20112411.jpg

f0199866_20113145.jpg


そしてかなり長い時間A滑走路に進入してくる飛行機がなかった。C滑走路に着陸してくる飛行機はあったし、D滑走路からはどんどん離陸していたので、運用が変わったのではなかった。以前の犬が逃げ出したときのような、滑走路上で何かトラブルがあったのだろうか。新型ジンベエジェットが到着する時間が迫っていたので、少々焦ってしまった。

再びA滑走路に向けて飛行機が進入してきた時にはホッとしたが、雲の動きが怪しくなってきた。そして、本番は進入経路上の陽射しがやや遮られてしまった。

f0199866_20124939.jpg

f0199866_20125777.jpg


その撮影後は、すぐに第1ターミナルビル展望デッキに向かった。狙いは新型ジンベエジェットがエプロンから離れてタキシングしていくところを撮影することだったが、手前に邪魔が入ってしまった。そこからはA滑走路への着陸シーンも撮影できた。また、D滑走路から飛び立った新型ジンベエジェットを小さく写すこともできた。

f0199866_20154283.jpg

f0199866_20155008.jpg

f0199866_20155823.jpg

f0199866_20160881.jpg

f0199866_20161683.jpg


最後は第2ターミナルビル展望デッキに移動してルフトハンザのB747-8の離陸を狙った。

f0199866_20175748.jpg

f0199866_20180415.jpg







by maximiechan | 2018-01-11 20:18 | 飛行機 airplanes | Comments(0)

自然・旅行・写真・音楽


by maximiechan
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る